【長期的なリスクが怖いけど】俺氏、ワクチン接種するってよ

雑記

約6割を超える国民が1回目のワクチン接種を終えたというニュースを見ましたが、僕はまだ1回目のワクチンを接種していません。もともとワクチン接種は急いで受ける必要もないかなと考えていた側ですが、その理由として「長期的なリスク」が見えないということがありました。

接種後すぐに起こる副反応については、すでに接種した方の体験談などから知ることができますが、2年後3年後の安全までは保障されていません。まぁこれだけ大勢が接種するんですから、長期的なリスクについてもおそらく大丈夫だろうとは思いますが。さすがに安全性について何の根拠もなしに接種を進めるなんてことはないでしょう…と思いたい。

そんなこんなでワクチン接種を先延ばしにしていたのですが、最近になって母親が異様に心配してくるので、圧力に負けてワクチン接種の予約をすることになりました。それをきっかけにワクチンについて少し調べてみたところ、長期的なリスクについてもあまり心配せずに済みそうです。

スポンサーリンク

mRNAワクチンには長期的なデータがある

今回使用されているファイザーとモデルナ製のワクチンは「mRNAワクチン」と呼ばれるもので、その仕組みについては素人にはよくわからないので割愛。

新型コロナに対するワクチンの開発ペースは極めて速く、追跡調査はまだ1年ほどしかできておらず、長期的な安全性はどうなのか?というところは気になりますよね。しかし、mRNAワクチンは新しい技術というわけではなく、何十年も前から研究がされているそうです。

インフルエンザウイルス・ジカウイルス・狂犬病ウイルス・サイトメガロウイルスなどでもmRNAワクチンの研究が行われており、がん研究では免疫系が特定のがん細胞を標的にするきっかけとしてmRNAを利用しているとかなんとか。

こういった何十年にもわたる研究では、長期的な副作用は認められていないとのことです。もちろん、だからといって今回のワクチンが100%安全とは言い切れませんが、過度に心配する必要もないのかな…と思うようにもなりましたね。

正解はわからないが

ワクチンを接種するのかしないのか、どちらが正解なのかはわかりません。ただ、最近は感染によって30代前後でも重症化するケースも増えてきているような印象もあるので、それを防ぐためにも接種しておくほうがいいかも…という気がしないでもありません。

長期的なリスクについての不安は和らぎましたが、接種するとなると直後の副反応が単純にしんどい思いをする可能性が高そうなので不安です。頭痛とかマジで嫌なんですけど!!

※1回目のワクチン接種をしてきました

【追記】1回目のワクチン接種完了・2回目のワクチン接種をキャンセルしました
以前の記事でもお話したように、先日新型コロナウイルスワクチンの1回目を接種してきました。ワクチンの長期的なリスクは気にする必要がなさそうなこともあり、問題は接種による副反応やな…と思っていましたが、果たして無事にワクチン接...
雑記
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント