スロットが勝てない仕組み

スロット

スロットは90%の人が負けると言われています。

実際に集計された数字ではないですが、おそらくそれくらいの人が負けているのは間違いないでしょう。この記事をご覧になっているあなたも、そのうちの一人ではないでしょうか?

しかし、言い換えれば10%の人はスロットで勝っているということです。手前マルコメ味噌で恐縮ですが、僕はスロットで勝っている側の人間であります。かれこれ10年くらいは月単位でほぼ負けていません。

ただ、それ以前は90%の負けている側にいたのです。当時はなぜ自分が勝てないのか、その理由をまったく理解できていませんでしたが、今となれば負けるべくして負けていたのがわかります。

この記事を読めば、ほとんどの人がスロットで負ける理由を理解することができ、それによってあなたも勝てる側に行けるかもしれません。勝てないにしても、これまでより負けずに済むようになるはずなので、最後までご覧いただければ幸いです。

スポンサーリンク

スロットで負ける理由

ほとんどの人がスロットで負ける理由をわかりやすく言うと、パチンコ屋は慈善事業ではなく、利益を上げるために営業をしている一企業だからです。

パチンコ屋の利益はどこから得られるかはわかりますよね?もちろん、遊技者であるあなたの財布です。それ以外にも遊技台の転売的なこともあるかと思いますが、基本はお客さんに台を打ってもらったお金が利益の源泉になります。

その利益から新台の費用・社員やバイトの給料・電気代などを捻出するため、全体でみれば遊技者が勝てるわけがないのです。まぁそんなことはあなたも重々承知しているかもしれません。

ただ、不思議なことにあなたを含めた多くの人は、なぜか「自分だけは勝てる(かも)!」と根拠のない自信を持っています。スロットで負けていた時期の僕も、打ちに行く前は「今日は大爆発して5,000枚くらい出るんちゃうか」といつも思っていました。

結果は言うまでもなく…負けまくりだよバカヤローコノヤロー!!

スロットはヒキ次第?

パチンコやスロットは、ヒキ次第で勝ったり負けたりするもんだと信じている人がいます。しかし、もしヒキ次第という運否天賦の勝負なら、果たしてパチンコ屋は利益を上げることができるでしょうか?

本当にヒキの勝負なら、パチンコ屋の経営は運に左右されるとんでもなくリスクの高い事業となってしまいますよね。アドリブ王子のような剛腕が常連にいようものなら、すぐさま出禁にしなければなりませんよ。

しかし、現実はそんなことありません。実際にはパチンコ屋は規模が大きく、稼働が高い店ほど多くの利益を出すことができます。そういった店ほど、安定して遊技者から利益を得ることができるからです。

稼働が高いほど安定して利益を出せるため、その一部を遊技者に還元することもできます。逆に稼働がないと利益が出ず、還元することもできません。

還元できなければ「あの店は出ない」というレッテルを貼られ、お客さんの足が遠のく悪循環に陥ります。稼働が高い店はその逆のことが起こるので、好循環になりますね。ただし、稼働が高いからといって還元するかどうかはその店次第。僕の住む地域では超大規模なチェーン店がありますが、還元する気はゼロというボッタ店です。

スロットで負けるのは、パチンコ屋は利益を上げるために事業をしているからということですが、それだけではしっくり来ない方も多いでしょうし、勝てる人がいる理由もわかりませんよね。

ということで、続いてはスロットが負ける仕組みについて解説していきます。

スロットで負けるのは「設定」があるから

スロットには「設定」があるのをご存知でしょうか?

ほとんどのスロットは1から6までの6段階設定で設計されており、まれに4段階設定や2段階設定などもあります。一般的に設定1・2は低設定、設定3・4が中間設定、設定5・6は高設定と呼ばれます。

そして、適当に低設定を打ち続ければスロットは負けるようになっています。これはヒキ云々ではなく、スロットで勝っている人でも勝てません。当然、僕も低設定をただ打つだけなら、あなたと同じように負けますよ。

低設定は負ける、高設定は勝てる!くらいのことは、スロットで負けていた時代の僕でも理解していました。それでも負けていたのは、低設定しか打っていなかったからですね。ただ低設定は負ける、高設定は勝てると知っているだけではスロットは勝てないのです。

なぜ低設定は負けて高設定なら勝てるのでしょうか?以前の僕は、その理由についてまでは知りませんでした。ただ漠然と「そういうもんだから」としか考えていなかったんですね。

しかし、スロットで負けないようになるためには、その理由を理解することが非常に重要なのです。それが理解できればスロットで勝つにはどうすればいいかもわかるし、勝っている人はそのための行動をしているに過ぎません。

では、低設定は負けて高設定が勝てる理由について解説していきます。

設定ごとに定められている機械割

スロットには各設定ごとに「機械割」という数値があります。機械割は同じ設定でも、機種によって異なります。

機械割とは「投入したメダルに対して払い出されるメダルの割合」のことで、これによって台ごとの出玉性能に違いが生まれます。

例えば、機械割が100%の台を1,000G打ったとしましょう。このとき、投入するメダルは3枚×1,000G=3,000枚です(リプレイでも3枚払戻となる)。

3,000枚に対して100%の出玉が払い戻されるので、ベルやリプレイ・ボーナス等で合計3,000枚が返ってくるといことですね。つまり、等価であれば収支はトントンです。

この機械割が、多くの台で低設定だと100%以下、高設定だと100%以上で設計されているため、低設定は負け、高設定は勝てるということに繋がります。

設定3は大体100%前後になっている台が多く、設定4は100%をわずかに上回ることがほとんどです。そのため、設定4も勝てる仕組みにはなっていますが、機械割が高くないので勝てる金額は少なく、安定感もありません。

勘違いしやすい点として、機械割はあくまでも投入したメダルに対する払戻率であり、投資した金額に対する払戻率ではありません。10,000円を使って12,000円返ってきた=機械割120%ではないということですね。

このように、機械割が100%を超える設定を打つことができれば、スロットは勝てるようにできています。しかし、現実はほとんどの人が負けています。それが何を意味するか分かりますか?

そう、お店にあるスロットの大半(というかほとんど)は、機械割100%を下回る低設定ということです!

機械割が100%を下回る設定を多く使うことで、店側は稼働があれば安定して利益を出すことができ、特定日には高設定を使って還元する。稼働が高い店ではそうして安定した経営ができるわけですね。

しかし、低設定を打てば必ず負けるわけではありません。あなたがスロットで勝ったときは高設定だったということではなく、低設定でも勝てるときはあるのです。

なぜなら、スロットの抽選確率は、短期的には良くも悪くも大きく偏ることが多々あるからです。

確率は短期的には大きく偏る(こともある)

実は、機械割通りの出玉率になるのは、超長期的にみたときの話です。

僕たちが1日に打てるのはせいぜい8,000Gから10,000Gくらい。そのくらいの試行数では、スロットの抽選確率だと偏りが発生するのが当たり前。その偏りを、多くの人はヒキと呼んでいます。

お爺ちゃんお婆ちゃんがジャグラーでジャンジャンバリバリ連チャンさせた台で、自分が打った途端にバケ連発から大ハマりなんてことはよくありますよね。僕も散々喰らいましたよ(現在進行形)。

これはお爺ちゃんお婆ちゃんのヒキが尋常じゃないわけではなく、ジャグラーのボーナス確率からすれば起こるべくして起こっているだけのこと。その連チャンさせた台も、ほとんどが低設定である可能性が高いでしょう。

そのような偏りがあることで、機械割が100%を下回る台でも短期的には出玉の波ができ、1日単位では勝てることもあります

波がなく、打てば確実に負ける台ばかりなら誰も打たなくなりますからね。6号機はその波が作りにくく、低設定に夢がないので稼働が長続きしません。

ただし、1日単位で勝てることがあっても、打ち続ければ本来の機械割に近い数値に落ち着いていきます。

わかりやすく言うと、「勝てる日もあるけどトータルでは負けている…」ということです。逆に、高設定でも1日だけでは負ける可能性もあります。しかし、毎日設定6が打てれば、まず間違いなくトータルで勝つことができるのです。

短期的には大きく偏る確率が、なぜ打ち続ければ本来の機械割に落ち着いていくのか?

それは、スロットは毎ゲーム一定の確率で抽選されており、試行回数を増やすほど本来の確率に近い数値へ収束する「大数の法則」が働くからです。

完全確率と大数の法則

毎ゲーム一定の確率で抽選することを「完全確率」と呼びますが、どうやらこれはパチンコ業界でしか使われない言葉のようです。

完全確率の抽選をわかりやすく例えると、コイン投げで裏表が出る確率ですね。コインの裏表が出る確率はそれぞれ1/2(50%)です。異論は認めない。

しかし、コインを10回投げたときに必ず裏表が5回ずつ出るかと言われると、そんなことはないと直感的にわかるでしょう。また、仮に表が9回連続で出たとしたら、次は裏が出やすくなるかというと、これもそんなことはないですよね。

気分的にはそろそろ裏が出るやろ…と思ってしまいますけどね。

このように、今回の結果が前回までの結果に左右されないものが完全確率と呼ばれるもので、スロットでも前回までの抽選結果は今回の抽選結果に影響を与えません。

ジャグラーでどれだけ連チャンしてもハマっても、次のレバーオンで抽選されるボーナス確率は常に一定ということです。

コインを10回投げただけではどちらか一方に偏ることもありますが、100回・1,000回と試行回数を増やすことで、裏表が出る確率は本来の確率(50%)に近づきます。

エクセルで数式を入力し、コイン投げ10回×5セットを繰り返すシミュレーションをしたところ、結果はこのようになりました。

回数割合
1~10回4回6回40:60
11~20回7回3回70:30
21~30回2回8回20:80
31~40回6回4回60:40
41~50回7回3回70:30
合計26回24回52:48

10回ごとの結果は50%とかけ離れることもありますが、50回の合計では50%に近くなっていることがわかります。ただ、50回程度(短期的に)だと偏る可能性は十分にありますが、50%の抽選を500回も繰り返せば安定した数値になるのです。

こちらは、コイン投げを500回×10セットしたときの結果です。

回数割合
1回目242回258回48:52
2回目220回280回44:46
3回目243回257回49:51
4回目244回256回49:51
5回目247回253回49:51
6回目280回220回56:44
7回目241回259回48:52
8回目258回242回52:48
9回目254回246回51:49
10回目269回231回54:46
合計2498回2502回50:50

50%でも500回の指向で60回ほど偏る(ブレる)ことがあるけれど、割合で考えればそう大きくはブレていない(56:44)ということ。500回の途中にはどちらかに偏ることが多々あったはずですが、回数をこなせば本来の確率に収束していくことはこの結果からも分かるでしょう。

このように収束していくことを「大数の法則」と言いますが、スロットの抽選確率は分母が大きい(ジャグラーのBIGで1/250~1/270)ため、収束するまでには膨大な試行回数が必要になります。

その結果、設定に関係なく短期的には連チャンしたり、大きくハマったりして出玉の波が出来上がります。ただし、高設定であれば連チャンする確率は上がり、大ハマりする確率は下がるため、トータルだとプラスになってくれるのです。

当然、低設定は連チャンする確率が下がり、大ハマりする確率は上がるため、短期的に連チャンしようがトータルではマイナスになりますよ。連チャンして高設定に見えるジャグラーも実は低設定で、自分が打った途端に当たらないのは当然なのです。

スロットは負けるべくして負ける

ここまでの内容が理解できれば、スロットは負けるべくして負けるものだとおわかりいただけると思います。

簡単にまとめましょう。現在のスロットは大半が低設定なので、機械割が100%を下回ります。機械割が100%を下回る以上、完全確率で抽選されるスロットは大数の法則によって、打てば打つほど確実に負けるようなるということです。

どれだけスロットの知識があって目押しが100%完璧にできる人であっても、機械割98%の設定1を毎日打ち続ければ確実に負けます。ガリぞうさん(名前の使用無許可)であっても、しのけんさん(名前の使用無許可)であっても、機械割には抗えません。抗えないからこそ、彼らは機械割を絶対の指標として立ち回る。

それがスロットの絶対不変の仕組みなのです。

スロットで勝つことは可能

しかし、スロットで勝ち続けることは可能です。お店にある大半は低設定ですが、なかには機械割が100%を超える高設定を投入するお店もありますから。

ただ、高設定を打てば勝てると知っていた頃の僕が勝てなかったのは、どのお店のどの台に高設定が入るかを知らなかったから。

大半が低設定であるということを認識せずに、人気機種ならどこか(角台とか)は高設定なんじゃないの?という適当な根拠で打っていただけなので、そりゃ負けるって話ですよ。

また、一定G数ハマれば救済措置が発動する天井に近い台を打つことで、低設定でも一時的に機械割が100%以上になります。天井狙いはデータ機から勝てる台かどうか一目でわかるので、高設定を狙うより簡単です。

スロットで勝ち続けるには、このどちらかの打ち方を徹底すれば良いだけですね。

とはいえ、ネット社会になってからはライトユーザーでも天井の存在を知り、なかなか天井狙いができる台が落ちなくなったのも事実なので、以前よりは勝ちにくくなっています。

さらに、勝つことを徹底するとスロットは面白味がなくなる可能性が高く、現在の僕はスロットを打っても楽しいと思えることがほとんどありません。ほぼ作業と化しています。スロットで勝ち続けながらも楽しめている人は変態ですよ。(褒め言葉)

なので、僕は固定給のあるサラリーマンなどは、スロットで勝つことを重視するよりも「負けない程度に楽しめる立ち回り」を覚えるのが最適だと考えています。

スロットで「負けない」方法(立ち回り)を教えます
全国のサラリーマンや学生、そのほかスロットを楽しみに打っている方には残酷な事実をお伝えしますが、あなたがスロットで勝つのはかなり難しいです。もちろん、勝つことに徹すれば勝てるようにはなりますが、そうするとスロットが楽しくなくなるリ...

6号機は知識の有無で収支が大きく変わる

スロットは規制の影響により、徐々に一撃の破壊力がある機種が撤去されつつあります。

今後は有利区間や出玉の上限が定められた6号機がメインになっていきますが、6号機は台の知識があるかないかで収支が大きく変わると言っても過言ではありません。いや、これまでの台でもそうでしたけどね。その傾向がより強くなると思います。

規制の中でどうにか連チャンするようなシステムを考えた結果、美ら沖という情報弱者殺しの台が登場しました

こういった台は、スロットで勝っている人が負けている人を見下して馬鹿にするような典型的な仕様になっており、個人的には好きではありません。

もちろん、スロットをやるのは自己責任ですから、知らないほうが悪いと言えばそれまでですが。

また、有利区間の継続によって恩恵があったり、非有利区間中でもチャンスがあったり、最初の〇Gはほぼ当たらなかったりと、規制によって気軽に楽しめない台が増えている気がします。

リゼロで朝イチ32Gだけ回して放置とか、北斗天昇で最初の100Gだけ回すとか、そこを打っても確実に負けるだけなのに、知らない人はそうやってお金をドブに捨ててしまいます。

機種によって有利区間がどのようになっているのか把握しておかないと、不利な打ち方ばかりしてしまう可能性があるのが6号機です。

規制緩和の話も耳にしますが、勝てない人はより勝てなくなる可能性が高いのが6号機なので、負けたくないなら台の知識を付けることも重要です。

そういったことも踏まえると、やはり老若男女とわず気軽に打つことができ、ずっと高稼働を維持しているジャグラーシリーズは素晴らしい機種と言えますね。

まぁ実際は、ジャグラーほど恐ろしい台はない…と言えるかもしれませんが。

これがジャグラーの勝てない仕組み
現行のスロット機種で最もホールに貢献しているジャグラーシリーズ。GoGoランプがペカればボーナス確定という分かりやすいゲーム性で、老若男女問わず愛されている台ですね。しかし、ジャグラーシリーズはその人気とは裏腹に、実はとても残酷な...

この記事によって一人でも多くの人がスロットの仕組みを理解し、勝てないまでも負ける金額が少なくなれば幸いです。

負けた額が減ったならば、それはつまり勝ちと同義である!

スロット仕組みギャンブル
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント

  1. いさみち より:

    金とともに生きぬ(生きぬのぬは否定、肯定?生きよう!かな)
    立ち上げおめでとうございます!

    ■データどり(ただただハナハナのビッグとバケの回数と島合成をだすのみ)対象は同系列店舗ハナハナシリーズ26台

    結論 簡単にはくせなどわからないし、つもりは無理。

    だけども、旧イベント日と通常日の平均設定や上げなのか据え置きなのかがうっすーら見えるという感じですかね。

    とってないよりはとってたほうがいいです。

    例えば合成やビッグ中のスイカがめちゃくちゃ走っていても、過去データから、どうあがいてもあって4しかない、全体もでてないとか、体感的にわかってきますね!

    継続は力なりハナハナを楽しむために頑張りまーす!

    • hide より:

      ありがとうございます!「ぬ」は否定なのでお金に振り回されてたまるか!という意味を込めています。

      最近は店員に後日設定を聞ける機会が増えたのですが、Aタイプはとくに外からでは設定が分からないということが改めて分かりました。とはいえ、データを取っていれば平均設定はある程度見えてくるので、そこから高設定っぽい台をチェックしていけばやみくもに打つより良い結果になりやすいのは間違いないですね。数台誤爆している台があっても、全体では店側の圧倒的プラスやんけ!ということも多々あるのが、データ取りの面白いところでもあります。

      • いさみち より:

        コメント周期が短くてごめんなさい。勝ってる方とやり取りする機会がなくて。笑。つぶやかさせてください!

        某大型チェーン、地域はふせてハナハナノーマル12台中

        旧イベント日といわれる日のデータから。

        ■限りなく5か6 1台
        ■中間! 2台
        ■もしかしたら5か6? 1台

        ウンウンあとは1.2ですな8台で

        まーまーみなさん回すので3000回転以上はまわしとります。

        んでもって、この12台の合成が192分の1程度。

        フムフムだいたいいつもこんな感じ。

        で12台の差枚は(あーグラフがアバウトだけど概算で)

        はいトントン(不思議なもんで合成が192分の1といって設定1以下の収支にはならない👉これはよき台はまわされて割の感じで出玉が伸び駄目な台は回転率が悪いから?理論的にひでさん分かります?)

        ということで、トントンで営業してくれてるこの店は極悪非道店ではないです!このご時世少しオーバーですが、優良でしょう。

        超特定日とかはあとはゼンダイ系とかになるんでしょうが、こんなんデータとらなくても店赤字なのはわかるので。笑。えっ!黒だったりして。

        では!コツコツデータとって予想力磨きます!

        • hide より:

          当ブログの重鎮ですから気にせずコメントしてください!

          12台の合成が設定1以下、それでいて差枚数はトントンとなると、よほど小役が良いかビッグに偏ったかでしょうか。
          挙動の良い台は多く回され、悪い台は回転数も少なくなりがちなので、本来は全台合算よりベースは下がる(全台合算で設定4の近似値=全4というわけでない)はずですが、それで合成が設定1となると…設定入ってるのか?と疑ってしまいますね。しかし、いさみちさんの考える配分を見ると、合成192分の1にはならない気もするので、何か計算が間違っている可能性もあるかもしれません。

          毎日の差枚数を記録していると、還元日と回収日の違いがはっきり分かると思うので、しっかり還元日を用意しているホールを見つけ出したいですね!

  2. いさみち より:

    こんにちは!

    下記がきけて安心しました。やはりそうなのですね。
    ➖➖
    挙動の良い台は多く回され、悪い台は回転数も少なくなりがちなので、本来は全台合算よりベースは下がる(全台合算で設定4の近似値=全4というわけでない)はずですが
    ➖➖

    イベントあおりで170分の1~180分の1に合成がおちつき、平常だと余裕の200分の1こえてます。計算方法確かめてみます。(なんとなく、良店ではなく巧みに営業がうまい店かもです!あいたぁぁ!!)

    ということで開拓もふくめ頑張りまーす。実際ハナハナにこだわると遠くの店舗はきついですよねー。サラリーマンには笑。

    • hide より:

      イベント時に合算が低設定域にもかかわらず、必ず高設定域のデータが数台あるならば、メリハリのある配分かもしれませんね。平均設定が高いより、そのほうが押し引きもしやすく勝ちやすいと思います。

      どうしても無職に優しくサラリーマンには厳しい世界ですから、負けすぎないよう頑張ってください。夕方からサラリーマン限定で打てるコーナーがあればいいのに…

  3. いさみち より:

    こんにちは!

    7月7日とか期待値高そうな日ですが、データをみると嘘だろと、まじで!通常よりあからさまにきついやんとか、あんなに並んでたのにとか(もちろん自分も並んでる側)

    設定をホール側が決められる以上、やはり高設定ないものはないですね。

    見えないものを追いかけるのはきついですね。がんばろーほどほどに。笑。

    • hide より:

      お疲れ様です!
      7月7日はどうしても期待してしまいますが、結局は設定を使うかどうかは店次第ですよね。運の良いことに、僕がよく行く地域は最近頑張っている店舗が多く、毎日のように高設定を使ってくれています(高設定を打てているとは言っていない)。
      毎日の設定状況が分からない以上、店員とのコミュニケーションは大事だな…と強く思う今日この頃です。