【リゼロ】200Gの禁書庫は過信禁物?!状況別の期待度まとめ

スロット

禁書庫ステージはリゼロの前兆でも期待度の高いステージとなっていますが、打ち慣れると当たるかどうかって大体分かってきますよね。

それほど打ち込んでいないと鉄板級と感じる人もいるかもしれませんが、僕は最初から頻繁に外していたので、過度な期待はしなくなりました。

いきなりですが、禁書庫の期待度について僕の答えを言いましょう。

AT後の有利区間継続時と天井以外の禁書庫には何も期待するな!

です。

打てば打つほどにガセ禁書庫ばかりで、少しでも期待するのがアホらしくなりました。魔女の手三段階&連続演出からの発展すら外れたときは殺意すらわきましたよ。

これでこの記事は終わってしまいますが、一応、状況別の期待度について触れておきたいと思います。

スポンサーリンク

状況別の禁書庫ステージ期待度

禁書庫ステージは全体の期待度としては60%以上とされています。とはいえ、各モードの天井であれば100%当たります。それも期待度に含まれるとなると、それ以外の禁書庫の期待度は当然下がるので、思ったほど期待できない…となるのは当然ですね。

そりゃあガッカリさせられてばかりなのも仕方ない。

有利区間リセット後の200G前半

まずは有利区間がリセットされたときの、200G前半で禁書庫ステージに移行した場合。

ここは150G以内に1度でも前兆が発生していれば、かなり期待できるケースです。そもそも150G以内の前兆は200G前半での期待度が上がるため、外れると困ります。この場合は大体チャンスアップも絡んで分かりやすいですね。

逆に、150G以内に前兆がなく、チャンスアップも絡まない場合は危険信号です。せめてペテルギウスやレムの前兆ステージに移行して、ひとつでもチャンスアップが出て欲しいところ。てか、チャンスアップがないともはや何の期待もできません

ここで外れると通常A天井まっしぐらなので、是が非でも当たるように念を込めてレバーを叩きましょう。念を込めても当たらんもんは当たらんけどな。

通常A濃厚の300G・400G前半

続いて150G以内の前兆がなく200G前半の前兆をスルーし、通常Aが濃厚の300G・400G前半の禁書庫。

これは逆鉄板級に期待できないケースです。そもそもこのG数で当たることが稀なので、禁書庫へ行こうがハナクソをほじりながらレバーを叩いてください。レバーにハナクソが付かないように気を付けろ!!

僕は通常A濃厚の場合、ここで禁書庫へ行っても一切期待しません。実際、ほとんどチャンスアップも絡まずエルザや魔獣の森に発展してサムーい前兆を見せられることになります。これは設定6であっても例外ではない…

ただ、当たるときは禁書庫経由のことが多いので、どうしても当たって欲しいときはハナクソはほじらずにレバーを叩いてください。

通常A濃厚の500G前半とそれ以降

通常A濃厚の500G前半の禁書庫の期待度は、正直なんとも言えないところ。トータルでみると、期待できないことのほうが多いですね。

通常Aで500Gの振り分けは高設定でも少ないと思うので、当たればラッキーくらい。チャンスアップがいくつかあれば、当たるのか?と思う程度です。

600G以降の禁書庫は…正直どうでもいいですね。最深部まで行けばアイコンが取れるという場合は、むしろ当たらんでええわと思う人もいるでしょう。

600G台で禁書庫行っても結構外すことも多いし、何のためにここで禁書庫行っとんねんってツッコミたくなります。

通常Bの200G・300G後半

通常Bの200G・300G後半の禁書庫も、通常Aの300G・400G同様にあまり期待できません

ただの個人的な偏りかもしれませんが、通常Bも200G後半・300G後半の振り分けはかなり少なめだと思うのでそもそも当たらない。若干、300G後半は期待度が上がるかな…という程度です。

このゾーンは禁書庫に行くかどうかよりも、前兆の内容が大事…ってのはどのゾーンでも一緒か。とりあえず、「お、禁書庫!当たるのか?!」なんて考えるのは早漏です。あ、早計です。

通常Bの400G後半

さすがにここは基本的には当たります。が、たまに外れます。いや、意外と外れるかな?

以前は天井との数十ゲームの差くらいどうでもええわッ!と思っていましたが、高設定は有利区間の残りを考えると、天井よりも400G後半で当たるほうがアツいと思うようになりました。

例えば、天井まで行った場合、約540G+白鯨戦とATで約100Gとすると、有利区間を約640G消化します。ここから有利区間が継続し、240GでAT当選すると約340G。前回と合わせると約980Gとなるので、残りの有利区間は520Gしかありません。これが通常B天井手前の約490Gで当選となると、総有利区間は930Gで残りが約570Gに。

詳細は不明ですが、有利区間継続にAT300G分が必須となると、前者は220G以内で白鯨戦が当選しないといけないのに対し、後者は270Gまで余裕ができます。そのため、天井手前で当たるほうが、有利区間ループが1回多く取れる可能性が高くなりますよね。

通常B天井→200G前半でリセットされると、ATのG数にもよりますが、ほとんど増えずに有利区間が終わってしまうこともあるし、もう1回ループするかは超重要。リセットされると次のモードが不安になりますし、なるべく多くループしてほしい。そのためには、残り有利区間が多いに越したことはありません。

まぁ実際どんな仕組みになっているのか分からない&当選G数を操作できないので気にしても仕方ないですけど。とりあえず、ここは素直に当たれよ。

白鯨戦失敗後の有利区間継続時

初回が200G前半で白鯨戦に当選し敗北後、有利区間が継続したときのモード移行は、実践上とくに優遇されているとは感じません。むしろ、高設定でも200G前半敗北→通常A天井付近が有るので、冷や冷やもんですね。

このときの禁書庫ステージも、基本的には有利区間リセット後と同じ期待度だと思います。禁書庫ステージよりも通常A以外が濃厚になる150G以内の前兆に期待です。

AT後の有利区間継続後の200G前半

ここは鬼アツ鉄板禁書庫タイムで、実践上はまだ外したことはありません。

AT後の有利区間継続時は通常Aが選ばれることはないと思うので、このゾーンで前兆が発生するだけでも激熱。あ、鬼アツ。

ただ、AT後の有利区間継続でも夕方だと前兆が発生しても外れて通常Bというケースがよくあるので、AT後はとにかく200G前半で禁書庫に行ってほしい。

体感では設定6と設定4(5)だとAT後の200G前半での当選率に差がある気がするので、設定的にも出玉的にもここの禁書庫はアツい。扉が閉まってステチェンするときに、心の中で「禁書庫カモンッ!」と叫ぶのが禁書庫を呼び寄せるコツです。知らんけど。

なお、レムの部屋から「行ってしまうのですか?」が出ず扉が閉まると禁書庫への移行が確定するので、レムの部屋に居座り続けるとイチ早く禁書庫を見抜くこともできます。

まとめ

G数リセット後
白鯨敗北有利区間継続時
AT後有利区間継続時
200G前半150G以内の前兆有→◎
150G以内の前兆無→△
200G後半×
300G前半×◎?
300G後半
400G前半×◎?
400G後半
500G前半通常A→×
通常B→鉄板!鬼アツ!
600G前半
600G後半どうでもいい
最深部鉄板!鬼激アツ!

AT後の300G・400G前半は通常Cというケースになると思いますが、その場合は基本的にアツいでしょう。そんなケースが稀すぎるのでどうでもいいですが。

簡単にまとめると、振分の少ないゾーンは禁書庫でも基本的には期待できないと(当たり前)。とはいえ、そのゾーンで当たるには禁書庫に行かないと厳しいとも言えますし、結局は魔女の手が発生してからどんな演出が来るか…に委ねられます。

禁書庫ステージでも静かにエルザ・魔獣の森へ移行すればお察し。下手に期待すると外れたときがストレスになるので、ステップアップ赤・鬼アツ系が絡まない限り、安心はしないほうが良いですね。

P.S
鬼アツ系と同等の期待度とされるミニキャラ付プッシュは外しました。そもそも前兆が完全に空気だったので、まったく期待しませんでしたけどね。

リゼロの新情報。リゼロにはランクという概念が存在することが判明したそうです。それについて考察した記事もご覧ください。

【リゼロ】ついに新解析?!モードや体操突入率を司るランクの存在とは?
長らく仕組みが謎に包まれていたリゼロですが、最近になって新たな情報が出るようになりました。出所はDMMぱちタウンというサイトで、編集部が実機を購入してサンプルを採取した結果、コンビニのレア役・モード移行率・体操突入率・リプレイフラ...

コメント