【貯金をする意味】とにかく100万円貯めてみろ

お金の話

いきなりですが、貯金ありますか?

お金は使わないと意味がないと言って貯金に否定的な意見もありますが、個人的には貯金はしておくほうがいいと考えています。

スポンサーリンク

貯金を勧める理由

僕が貯金を勧める理由。

それは、ある程度の貯金があると日々の生活において、「気持ちに余裕ができる」ということを実感しているからです。

実は、僕は30歳手前までほとんど貯金がありませんでした。28歳で仕事が嫌になって仕事を辞めたとき、全財産は数万円程度だったんです。

そのときは実家だったのですぐに行き詰まるわけではなかったですが、マジで明日からどうしよう…金ないけど仕事したくねぇ。とそんなことばかり考えていましたね。

仕事をしているときは少しずつ貯金をしていましたが、それでも数十万レベルだったので使えばすぐになくなる金額。実際すぐになくなりましたしね。

そういう状況だと、何をするにもお金の心配が付き纏うんです。楽天的な人はそうじゃないでしょうけど、この記事を読みに来るような人なら同じ気持ちではないでしょうか。

それがひょんなことをきっかけにスロットで生活費を稼ぐようになり、毎月それなりに稼ぐことができて貯金ができるようになっていました。

僕は生活にあまりお金がかからないので、気付けば30代半ばには1,000万を超える資産を持つことができたのです。そうなると、現在は以前ほどの収入はないにもかかわらず、日々の生活に対する不安感は以前より遥かに少なくなっているんです。

別に1,000万ないとダメ!というわけではありません。

僕は極端に物欲などがなく、お金の使い道がなくて気付けば貯まっていたという感じで、一般的にはさすがに1,000万を貯めるのは簡単じゃないでしょう。

貯金ばかりしても何のために生きてるん?って意見はごもっともやし、そこまで貯める必要はなくても、まずは心にゆとりが持てるくらいまでは貯めておこうって話です。

やっぱりお金はあるに越したことはないですよ。ゆとりが持てるくらい貯められるようになれば、それはお金の管理もしっかりできているということ。

それくらいになれば、それほど生活に不安を感じることもなくなると思います。

いくら貯めればいい?

よく貯金をするには明確な目標を決めたほうがいいと言われますが、僕みたいにこれといって欲しいものがあるわけでもないし、とくに贅沢したいと考えていない場合、目標を決めることが難しいです。

それでも貯金があるという安心感は間違いなくありますし、とりあえず「貯める」ことを目的にして貯金を頑張ってみるといいと思います。

そして、まず目指すべきは100万円。正直、100万円でもなくなるときはあっという間ですが、ここに辿り着ければお金の価値観は少し変わってくる気がします。

そもそも100万円の貯金がない人が大勢いるわけですし、100万円を貯められない人が100万円を貯めることができたのなら、それは大きな変化ですよ。

100万円を貯めるには月3万円でも3年ほどかかります。僕は一気に貯めたほうがいいと思うので、他の支出を削ってでも2年以内に100万を貯めるくらいの気持ちで取り掛かるといいでしょう。

貯められない人は、いつまで経っても貯められないんですよね。

貯金は資産形成の原動力

ウォール街のランダムウォーカーという著名な書籍に、貯金(貯蓄)は資産形成の原動力ということが書かれています。

人生にお金は付き物で、お金があっても幸せになれるとは限りませんが、お金があることで避けられる不幸はたくさんあります。むしろ、ほとんどのことはお金で解決できると言っても過言ではない。

貯金するだけでもお金は増えますが、現在の低金利では銀行に預けておくだけでは効率が悪いです。そのため、貯金ができたら運用していくことも重要です。

運用といっても、難しいことをする必要はありません。毎月の貯金は銀行に積み立てていくわけですが、それを銀行ではなく株式に積み立てるだけ。

初心者であっても米国もしくは全世界株式のインデックス投資という手法は、ほぼ間違いなく成功させることができます。

株式は一時的には大きく下げることもありますが、米国もしくは全世界株式は長い目で見ると右肩上がりに成長しています。その成長率は、銀行に預けて得られる利息の比ではないんですよ。

そういった運用をするためには、最低限の貯蓄がなければ話になりません。貯蓄ができないのはお金の扱い方をわかっていないからで、そんな状況で運用しても失敗する可能性は高いでしょう。

先ほどはとりあえず100万円と言いましたが、100万円を貯めるには相応の意思が必要。それを達成できる人であれば、インデックス投資なんて成功したも同然です。

20代・30代の資産形成におすすめの米国株インデックス投資
僕は米国株投資を始めて約6年になりますが、投資を始めたのは30代前半のときでした。今になって思うのは、なぜもっと早くから始めておかなかったのだろう…ということです。株式投資は一見、複雑で難しそうで必死に勉強しないと損をするだけと思...

まとめ

お金があれば幸せになるとは限りませんが、少なくともお金があれば心に余裕が生まれます。そうなると嫌な仕事にしがみつく必要もなくなるし、人生の選択肢が増えると言ってもいいでしょう。

なので、とりあえず貯めてみろ。貯めればわかる、貯めなきゃわからん。そして金銭的な余裕ができれば、運用も視野に入れることをお忘れなく。

固定費の削減は貯蓄の第一歩です。

【通信費の節約】格安SIMの選び方とお勧め5社
通信費の節約には格安SIMを利用するのがいいですが、格安SIMを提供するMVNOの会社は数多くあり、どこを選べばいいか迷ってしまいますね。人は選択肢が多すぎると選べなくなる「選択のパラドックス」という罠に陥りがちなので、ここでは格安SIMの

資産形成には米国株投資がお勧めです。

なぜ僕は米国株への長期投資を選んだのか
僕は将来のために米国株への長期投資をしています。難しそうなことやっているコイツはなかなかのヤリ手やな!なんてことはありません。ハッキリ言って、僕は投資については初心者レベル。そんな男が最も簡単でほぼ確実にお金を殖やせる方法が、米国...
お金の話その他
スポンサーリンク
をフォローする
金と共に生きぬ

コメント