【通信費の節約】格安SIMの選び方とお勧め5社

お金の話

通信費の節約には格安SIMを利用するのがいいですが、格安SIMを提供するMVNOの会社は数多くあり、どこを選べばいいか迷ってしまいますね。

人は選択肢が多すぎると選べなくなる「選択のパラドックス」という罠に陥りがちなので、ここでは格安SIMの簡単な選び方と、お勧めのMVNOを紹介していきます。

一応、格安SIMの最低限の知識はあるものとして書いているので、格安SIMについてよくわかっていない場合は、こちらの記事を先にご覧ください。

【通信費の節約】スマホ代を安くしたいなら格安SIMにしよう
docomo・au・SoftBankのキャリアから20GBの低価格プランが出たのは記憶に新しいですが、いやいや20GBも要らないっすよ!という人も多いかと思います。そんな人にとっては低価格プランでも割高と言えるし、スマホ代はもっと...
スポンサーリンク

格安SIMの選び方

結論ですが、格安SIMは同じデータ容量帯における料金はそれほど大差ないので、基本的にどこで契約しても大丈夫です

注意点として、キャリアで購入した端末の場合、SIMロックがかかっているとそのキャリアの回線しか使えないので、SIMロック解除をするか同じ回線の契約をする必要があります。

また、乗り換え先の「動作確認済み端末」に該当しているかは確認しておいたほうがいいです。もちろん、乗り換え先で端末を新しく買う場合は関係ないですよ。

料金的なことで言うと、キャンペーンなどで他社より数ヶ月はお得に使えることもありますが、たくさんあるMVNOの中から時間を割いてまで最安を目指すのはハッキリ言って非効率

仮に3ヶ月無料キャンペーンが行われているとして、基本料金が月額1,500円なら4,500円の節約効果でしかありません。

4,500円なら十分やん…と思いがちですが、3ヶ月無料キャンペーンをやっている会社があるなら、他にもっとお得なキャンペーンもあるんじゃないかと探してみたくなりませんか?

僕は少しでも安いところを探してしまうタイプなので、なんだかんだで結構な時間を取られるんですよね。後々になって、探した労力の割にたいして得してないな…と気付きます。

なので、数社調べたなかでお得なキャンペーンをやっていればラッキー…くらいで考えておくほうがいいんじゃないでしょうか。

なお、SIMには音声通話・SNS・データのみといった種類がありますが、これまでと同じように使う場合は音声通話という種類を選びます

一応、まったく名のない会社だと経営が存続されるかどうかが危ぶまれるので、ある程度の知名度があるところを選んでおくほうが無難ですね。

料金的にはどこも大差ないので、ここでは知名度があって安心して使えそうなMVNOを紹介したいと思います。

お勧めのMVNO

紹介するMVNOは以下の4社です。

各社の低容量プランの料金一覧がこちら。

IIJmiomineoOCN
モバイルONE
イオン
モバイル
1GB1,298円770円858円
2GB858円968円
3GB990円1,078円
4GB1,078円1,188円
5GB1,518円1,298円
6GB1,320円1,408円
7GB1,518円
8GB1,518円1,628円
10GB1,958円1,760円1,848円

データ容量は3~5GBで十分という方で、一人での契約ならIIJmio・OCNがおすすめ。

単価は少し高いですが、mineoは月額385円で「パケット放題 Plus」というオプションが利用でき、データ通信がカウントされない節約モードでも通信速度が最大1.5mbpsで使えます

1.5mbpsと言われても…って感じですが、ネットを見るぶんには問題なく、Youtubeでも720pの画質であれば普通に再生されるそうです。個人的にはスマホなら480pでもさほど画質は気にならないので、動画も大丈夫と判断しています。

つまり、1GB+オプション代の計1,700円ほどで使い放題に近い使い方もできるということですね。また、10GB以上のプランを契約すれば、パケット放題 Plusのオプションが無料で利用できます。

10GBでも価格的には300円ほど高くなるだけなので、どこかで高速通信が必要になるときに備えて10GBで契約しておくのもアリかもしれませんね。

イオンモバイルにはシェアプランというのがあり、2人以上で使うなら割安になる可能性があります

例えば、3人家族で9GBのシェアプランなら2,508円。1人あたり3GB使えて実質836円となり、OCNモバイルONEよりも安くなりますね。

5人家族で20GBでは3,828円。1人当たり4GBで実質765円とかなり安くなっています。

人数・容量ごとの料金は、イオンモバイル公式サイトの料金ページで確認できます(シェアプランの欄を確認)。

後はかけ放題のオプション等ですが、いずれの会社もかけ放題は用意されています。ただ、格安SIMは通話が多いとお得感は薄れるので、基本的にはLINE通話などの無料通話を使うようにしたいですね。

使い方によっては楽天モバイルもお勧め

第四のキャリアとして携帯事業に参入した楽天モバイルですが、新規参入のため電波の届く範囲や繋がりやすさなどが現状では不安定です。

しかし、実際に使っている身としては楽天回線のエリア内ならば仕事でバリバリ使う人でなければ気にする必要はないレベルかと思いますね。

楽天モバイルの料金は従量制で月1GB以下なら無料、3GBまでなら980円、20GBなら1,980円、20GBを超えても無制限で2,980円と破格の安さと言えるでしょう。

Rakuten Linkというアプリから発信すれば通話も無料で、僕のようにそれほどスマホの使用頻度が高くない人であれば通信費をかなり抑えることができます。

いずれは宇宙から電波を飛ばして日本全国どんな場所でも通信できるようになる計画もしているようで、それが実現すれば田舎や山間部でも問題なく使えるとか。

もっとエリアが拡大してからでも遅くはないと思いますが、楽天モバイルも通信費削減には候補のひとつとして考えもいいと思います。

まとめ

MVNOでは頻繁にキャンペーンが行われることもあり、いちいち最安で契約できるところを探すのは面倒になります。

そこまで安く済まそうと思わなくても、キャリアから格安SIMにするだけで生涯では大きな節約になりますから、契約先を選ぶのに時間をかける必要はないと思います。

なお、BIGLOBEモバイルではキャンペーン期間なら安く利用できますが、契約の仕方が悪質なので敢えてお勧めはしませんでした。

【BIGLOBEモバイルに注意!】ベーシックコース?何それ詐欺なの?
僕は今年の4月末まで「BIGLOBEモバイル」でスマホの契約をしていましたが、新しい端末を買うついでに乗り換えをしました。スマホの乗り換えは、MNP(番号そのままで乗り換え)では新しい契約先で回線切替の手続きをすれば自動的に旧契約...

僕は数年前にsoftbankから格安SIMに変えたおかげですでに数十万円分を節約できているうえ、格安SIMで不便を感じたことは何もありません。

スマホ代が高くて悩んでいるのなら、迷う必要はないので格安SIMを利用していきましょう。

格安SIMへ乗り換える手順を解説しています。

【通信費の節約】格安SIMに乗り換える手順
僕は毎月のスマホ代が1,000円前後です。安さの秘訣は格安SIMで契約しているだけですが、格安SIMなら平均で2,000円前後とも言われていますね。格安SIMについてはこちらの記事で基本的なことをお話ししていますので、格安SIMっ...

通信費を抑えたいけどキャリアがいい…という方に。

通信費を節約したいけど格安SIMは嫌ならキャリアの低価格プランを検討しよう
2021年は通信費の大幅な値下げが行われた年でした。個人的には三大キャリアがかなりの値下げに踏み切ったのは意外でしたね。それに伴い、もともと安かった格安SIMを提供するMVNOも若干の値下げを敢行するところもあり、ユーザーには嬉し...

コメント