LINEスマート投資がお勧め…とは言えない

株式投資

LINEスマート投資とは、テーマ(ジャンル)に沿った投資や、ワンコイン(500円)から手軽に始められる投資として、初心者にお勧めという人が多いサービスです。しかし、個人的にはLINEスマート投資を利用する必要はないと考えています。

これをお勧めしている人のサイトを見ても、「本気でそう思ってる?」という疑問しかなく、十中八九アフィリエイトの報酬目当てで書いているなとしか思えません。アフィリエイトとは、サイトのリンクから登録してもらえれば、サイト主に報酬が支払われる仕組みです。

ここでは、LINEスマート投資がなぜお勧めできないかを解説していきます。

スポンサーリンク

LINEスマート投資とは?

LINEスマート投資には、テーマ投資とワンコイン投資の2種類があります。

テーマ投資はこれから流行しそうな業界を選び、そのテーマに沿った企業への投資ができるもの。上手くいけば、その流れに乗って株価が上昇し、資産が増えるという感じですね。

ワンコイン投資は500円から投資ができると謳っていますが、蓋を開けてみれば積立が「週単位」なので、月額だと最低2,000円が必要になります。モノは言いようとはこのことか…

とあるサイトに書かれていたメリットは主に以下のようなことですが、個人的にはメリットは全くないと思っています。

  • 様々なテーマに分散投資が可能
  • リスクを抑えつつ簡単に投資ができる
  • ほったらかしでOK!
  • 口座開設も簡単
  • LINE PAYボーナスがつく

一見すると初心者にとって手を出しやすそうに思えますが、ワンコイン投資と言いつつ月額2,000円は必要な書き方と同じく、モノは言いよう。

こんなもん、全然メリットとも言えませんよ。

スマート投資にメリットはほぼない

では、なぜメリットがないか説明していきましょう。

テーマ投資

まずはテーマ投資ですが、現在は約90種類の中からテーマを選んで投資をしていくことになります。

しかし、初心者が今後伸びていくテーマを的確に選ぶことは不可能で、むしろベテランであってもできないことは歴史が証明しています。

正確に言うと、選べることはできるかもしれませんが、それが良い結果とイコールになるとは限らないということ。

初心者のあなたが「これは今後伸びそうだな!」と分かるものは、他にもそう考えている人が大勢いると考えたほうがいいです。自分だけがこれからのブームに気付けるなんて、勘違いも甚だしい。

言い換えると、既にそのテーマに関する企業は多くの人に注目されているということ。ということは、今は業績が良くなくても将来的に伸びると考えて投資している人がいるのです。

すると、狙い通りに企業の業績が伸びたとしても、その分は既に株価に反映されてしまっているため、思うほど株価が上がらないことになります。逆に、思ったほど業績が良くなければ、株価は一気に下がる可能性もあります。

結果、思った通りにブームが来たけど意外と儲からんかったな…となり、これを米国のお偉いさんは「成長の罠」と呼んでいます。

株価上昇で利益を得られるかどうかは、その企業の業績がどれだけ伸びるかよりも、どれだけ投資家の期待と乖離するかが重要ということです。

業績がそれほど伸びなくても、投資家の期待がそれ以上に低ければ儲かります。テーマ投資などは、それと逆のケースになりがちなので、多くの人は儲けられない可能性が高いのです。

もちろん、絶対に儲からないとは言い切れないので、やりたい方はやればいいと思います。ただ、これは投資ではなく投機(ギャンブル)に近いやり方ということは覚えておきましょう。

リスクを抑えつつ簡単に投資ができる・ほったらかしでOK

次に、2つのメリットについてまとめて書いていきます。

LINEスマート投資のワンコイン投資では、少額から投資ができて、初心者でも知識が必要なく手間もかからないといったメリットが強調されますが、モノは言いよう。

自分で運用するにしても、同じことが言えるからです

むしろ、自分で運用すればより少額の月額100円から始めることができますが何か?もちろん、自動で積立することもできるので、ほったらかしで運用することも可能。

投資信託やETFという商品は、数多くの企業へ分散投資をしているので、そういった商品で運用すればリスクも抑えることができます。

なお、投資で言うリスクは「危険」という意味ではなく、「値動きの幅」といった意味で使われます。簡単に言うと、貯金は元本が減らないのでリスクは低い、株式は値動きが大きいのでリスクが高いということ。リスクの意味には、プラスになる可能性にも含まれています。

ただ、米国株はこれまで約20年の長期で保有を続けた場合、リターンがマイナスにならなかった(損をしなかった)という事実があります。株式は値動きが大きくリスクは高いけど、損をしなかったという意味ではリスクは低いとも言えますね。ややこしい?

結局、無知な初心者を誘い出すために手軽にできそうと思わせるように書いているだけで、自分でやろうがLINEスマート投資をやろうがほとんど違いはないのです。

ワンコイン投資より自分で運用したほうがいい

自分で運用すれば月100円から投資ができる時点で、「ワンコイン」からできるという優位性はありませんよね。唯一、LINEスマート投資のメリットがあるとすれば、それぞれの資産を自動でリバランスしてくれることでしょうか。

リバランスとは、例えば株式50%・債券50%割合で運用したいと考えているとします。

その後、株価が値上がりして資産の比率が株式60%・債券40%になったとき、株式を売却して債券を購入し、改めて50%ずつに配分し直すことを言います。

なるほど、これを自分で考えてあれこれやるのは面倒やし、それを自動でやってくれるなんて素晴らしいじゃないか!…とは思わないように。

なぜなら、リバランスは頻繁にするようなものではなく、せいぜい年に1回か2回やれば十分だから。頻繁に売買すると、手数料や税金で成績の悪化に繋がります。年に1回、そのときの資産割合に応じてリバランスするくらい手間ではないでしょう?

僕の場合、現在は株式でしか運用していないので、そもそもリバランスする必要もありません。短期的には大きく値下がりすることもありますが、長期的には最も高いリターンが期待できるのが株式です。

長期投資を前提にしばらく使わないお金で運用するのであれば、株式以外を組み入れる必要性は低く、リバランスの必要もないということです

ただ、人によっては違う考え方もするでしょうし、株式以外にもバランス良く投資しておきたいと思うかもしれません。

そんなときは、投資信託でも各資産(株式・債券・不動産・金等)に分散投資できる「バランス型」という商品もあります。こういった商品も、ただ保有しているだけで勝手にリバランスしてくれるので、自分であれこれやる必要もありません。

あ、あれ…?数少ないメリットだった自動リバランスすら、もはやメリットにならないじゃないか。

投資の知識は必要

ワンコイン投資ではAI、つまりロボアドバイザーが運用することになります。

ロボアドバイザーには他に「ウェルスナビ」や「テオ」などのサービスがありますが、いずれも投資家は何もする必要はなく、ほったらかしでいいので「投資の知識も必要なし」とメリットを強調する人も多いですね。

しかし、僕はこれに声を大にして反論したい。

知識がなくても大丈夫という言い方は、初心者にとって安心感があるかもしれませんが、これは無責任な発言ですし、非常に危険な考え方です。

確かに、僕も投資を始める段階では大した知識がなくても「とりあえず始めてみる」ことをお勧めしています。しかし、それからは自分がどういった投資をしているのかについて勉強しておかないと、いずれ大きな損失を被る可能性が高くなります。

2020年3月には、コロナウイルスの影響によって株価が大きく値下がりしました。このとき、知識がなくて大丈夫と胡坐をかいて何も勉強していなかった人は、日々大きく値下がりする株価に恐怖し、これ以上の損失が増えるのは嫌だと売却(解約)してしまう可能性が高い。

でも、長期投資について勉強していれば、コロナショックが起きても投資を継続することの重要性を理解できるはずなので、途中で売却する可能性は下がります。もちろん、あのレベルの暴落はそれでも不安になりますし、全員が全員、投資を継続できるかは分かりませんが。

いざ投資を始めて、その後は投資をしているのを完全に忘れて過ごせる度胸があるなら勉強しなくても資産形成ができるかもしれませんが、ほとんどの人は株価が気になり損益状況をチェックします。

そして株価の値下がり、稀に訪れる暴落相場のときに取る行動は、勉強した人とそうでない人では異なり、それは将来の結果に重大な違いを生みます。

そのため、投資の知識がなくても大丈夫としか言わずにワンコイン投資を勧めるのは、僕は悪質極まりない超無責任発言だと思っています。

ただ、投資の勉強と言っても難しいことはないので心配しなくて大丈夫です。

何も知らない状態で書籍やブログなどを見てもチンプンカンプンですが、実際に投資をしながらだと理解できるようになってきます。だからこそ僕は「とりあえず始めてみる」ことを勧めるし、実践は何にも勝る勉強法ですから。

このブログでは初心者向けに長期投資について書いているので、参考にしてください。

将来のために備えるなら株式がベスト

投資を始める理由の多くは、少しでも資産を増やしたいからでしょう。なんのために増やすかと言うと、将来の備えとしてのはず。

その将来っていつ?という話ですが、もし5年後とか近い将来の場合、あれこれ運用しようと考えるよりも堅実に貯めるほうがいいです。5年程度で確実にお金を増やせる投資は存在しないからです。

もちろん、株式投資で5年運用すれば増えている可能性はありますが、確実とは言い切れません。そのお金が絶対に必要となる場合は、リスクが高いですね。

でも、それが20年・30年後のためなら、株式で運用すると「ほぼ間違いなく」増やすことができるでしょう。未来は不確実なので、やはり確実と言い切ることはできませんが。

債券や不動産など、他の資産を組み合わせるのは、短期的には値動きをマイルドにしてくれますが、長期的なリターンなら株式に遠く及びません。それは歴史が証明していることです。

資産が十分にない僕は、だからこそ株式100%で運用を行い、わざわざ無駄に高い手数料を払ってLINEスマート投資や他のロボアドバイザーで運用する気になりません。自分で運用するのと、そうでない場合は手数料が10倍くらい違いますからね。

LINEスマート投資やロボアドバイザーの手数料は年率1%程度ですが、少し勉強をした人ならこれが高すぎるということを知っています。それを数十年も続けた場合、手数料の差だけでもバカになりません。

まとめ

LINEスマート投資で謳われるメリットは、自分で運用する場合でも同じことが言えるので、メリットでもなんでもありません。むしろ、手数料が高い分デメリットのほうが大きいと言えます。

ただ、ワンコイン投資でも長期的に続ければプラスになる可能性は高いので、サービスそのものが悪質というわけではありません。

しかし、自分でちょっと勉強すれば、より効率的に資産形成ができるので、僕は自分で運用することをお勧めします。投資について無知だった僕でも理解できるレベルなので、決して難しいことはありません。

LINEスマート投資や他のロボアドバイザーを勧めるサイト主は、おそらく自分で運用するほうが効率が良いことを理解しているでしょう。にもかかわらず、それらを勧めるのは「アフィリエイト」で自分の懐を潤すことが最大の目的であることに注意してください。

資産形成には米国株の長期インデックス投資が最適です。

【初心者向け】米国株のほったらかし長期インデックス投資
最近、つみたてNISAやiDeCoなどの制度が少しずつ浸透し、資産形成のため投資を始めてみようと考えている増えてきた気がします。この記事をご覧になっているあなたも、おそらくその一人ではないでしょうか。ただ、「とはいえ、投資なんてよ...

日本株ではなく米国株をお勧めする理由。

投資初心者には日本株より米国株がお勧めの理由
株式投資をしたことがない人は、株式投資=日本の企業へ投資することだと思っているかもしれません。何を隠そう、僕も最初はそう思っていましたから。しかし、経験?を積み、あれやこれやと勉強した結果、僕は投資初心者こそ日本株ではなく「米国株...
株式投資コラムお金の話
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント