【リベラルアーツ大学】うさんくさいが詐欺ではない…が盲信は危険という話

お金の話

主にお金にまつわる情報を発信されている「リベラルアーツ大学」というYoutubeがあります。

一向に景気が良くならない日本では、将来の不安から資産運用を始めようとする人が増えているそうで、リベラルアーツ大学は需要にマッチした内容となっており人気を博しているようですね。

しかし、一方で投資などのお金に関する発信となると、詐欺じゃないのかという疑問を持つ人も多く、リベラルアーツ大学と入力すると続けて「うさんくさい」と出てきます。

僕はYouTubeは見たことがないんですが、書籍をチラッと読んだことがあります。そのうえでの結論を先に言っておくと、詐欺まがいの話ではなく真っ当な話である可能性は高いということ。

YouTubeを見てないのに何がわかんねん!と思われそうですが、書籍に書いてあることを見れば大体わかりますよ。

とはいえ、先日たまたま「楽天証券が米国株の積立サービスを開始した」という動画を見て、ちょっと誤解を招きかねない誇大な例えを出されていたのが気になりました。

スポンサーリンク

盲信すると危ない例え話

動画内では、楽天証券ではポイントを使って投資ができることをお話されています。でもポイントなんて使える分はしれてるし、仮に毎月1,000ポイントずつ投資したところで意味ないでしょ?という疑問について、ある例えを使って説明されていました。

その例えが、ジャックとジルという兄弟の話で、ジャックは18歳から仕事を始めて毎年50万円の積立投資を8年間(計400万円)続け、その後は積立せずに運用のみ行います。対してジルは26歳から働き始め、毎年50万円の積立投資を40年(計2,000万円)続けます。

ここでの運用リターンは10%と仮定されており、二人が65歳になったとき、果たしてどちらの資産が多くなっていたでしょうか?というもの。

結果はジャックが約2億5,800万円・ジルが約2億2,000万円と、400万円しか投資していないジャックのほうが3,000万円以上も多くの資産を手にしています

これは複利の力が働くためで、複利は時間を味方に付ければ絶大な効果を発揮することを表してるお話ですね。そのため、例え1,000ポイントであろうと早くから始めて複利を活かすことが重要であるということを言いたいのだと思います。

まぁ投資は早くから始めて複利を活かすことが重要という点については異論の余地はありません。しかし、ジャックとジルのような資産の増え方をイメージするとがっかりするかもしれません。

というのも、複利は元本と利率(リターン)によって効果は大きく左右されるからです。

極端に言えば、現在の銀行預金のような低金利だと、どれだけ時間をかけても複利の力はほぼ働きません。低金利をカバーできるほどの莫大な元本があれば別ですが。

ジャックとジルの例えではリターンが10%で計算されていましたが、どうやらこれは過去数十年の米国株リターンを基に設定されているそう。このリターンはおそらくインフレを考慮されていないもので、米国株のインフレを考慮した実質リターンは約6~7%と言われています。

で、間をとって6.5%のリターンで先ほどのジャックとジルの話に戻ると、実は65歳時点ではジャックが約6,600万円・ジルが約9,300万円とジルのほうが多くの資産を保有することになります

リターンが10%なら8年の時間差が埋めようのない複利パワーとなりましたが、6.5%では継続して積み立てることの重要さを訴えていると言えますね。

また、今後の米国株リターンは5%程度になるのでは?と言われることも多く、実際に10%のリターンを長期的に得られる可能性は低いと考えておいたほうがいいでしょう。

つまり、投資は早く始めて複利の力を活かすことが重要ではありますが、ジャックのように数年間の積立だけで莫大な資産を築ける可能性は低く、継続して積み立てていくことも重要ですよということです。

リベラルアーツ大学では「ジャックは8年早く投資を始めただけで圧倒的なアドバンテージを得た」と発言していますが、それはリターンが10%という条件が大きな要因。

6.5%のリターンで同じように運用していれば、実は42歳の時点で資産はほぼ横並びになり、それ以降は積立を継続しているジルのほうが多くの資産を築けています。

今後も現実的には10%ものリターンは見込めない可能性が高いので、早く始めるに越したことはないですが、この例え話のようになるとは限らないことは注意しておきましょう。

早く始めれば少ない金額でも多くの資産を築ける

ジャックとジルの例え話はちょっと現実味のない誇大な表現かなと思いますが、複利を活かして資産形成をしていくというのはこれからの時代ではとくに重要になってくるでしょう。そして、それはやはり早く始めるほうが有利になります。

例えば、少し前に老後2,000万円問題が話題になりましたが、30歳から積立投資を始めて年6%で運用できた場合、月に約20,000円の積立(計720万円)で60歳のときに2,000万円を達成できます。

これが40歳から始めるとなると、毎月の積立額は約43,000円(計1038万円)が必要に、45歳からだと月68,000円(計1,237万円)が必要になります。

もし20歳から複利について理解して運用をしていれば、実は月10,000円で済むんですよね。

開始年齢投資期間積立額総額
20歳40年10,000円480万円
30歳30年20,000円720万円
40歳20年43,000円1038万円
45歳15年68,000円1237万円

このほうが投資を早く始めるメリットとしては現実的でわかりやすいんじゃないでしょうか。

もちろん、実際の運用は年度によってリターンは変動するし、60歳で2,000万円が目的というわけでもないし、あくまでも複利について理解するための例えであることに変わりはないですけどね。

リベラルアーツ大学がうさんくさく感じる原因

個人的な考えですが、リベラルアーツ大学がうさんくさいと言われる原因は、顔出しせずにお金に関する情報を発信しているということ以外に、信者っぽい連中がコメント欄にひしめいているからではないでしょうか。

詐欺まがいの商材などにありがちな、まるで教祖様を崇拝するかのようなコメントばかりですよね。ぶっちゃけ、気持ち○い…

まぁサクラとしか思えない内容のコメントですが、仮にガチで動画を見て勉強になってファンになりました~って人がいたら、そのうちどっかで詐欺に引っ掛かると思うので注意してね。

まとめ

リベラルアーツ大学については、僕は書籍を読んだだけで詐欺まがいの発信はしていない可能性は高いと判断していますが、YouTubeはほぼ見ていないので詳細まではわかりません。中には変な話をしている可能性もありますが、そこは自分自身で真贋を見抜けるようにしていただきたい。

とりあえず、今回はたまたま見た動画でちょっと誤解を招きかねない例え話があったので、間違いではないけど盲信はしないようにしましょうってことで終わりにしたいと思います。

僕のブログにも信者コメントこーへんかなぁ…

お金の話その他
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント