JETBOYでサイトをSSL化する方法

ブログ運営

SSLとは、通信を暗号化することで、セキュリティを強化するものです。SSLに対応していないサイトはURLの最初が「http://」で始まり、「保護されていない通信」と表示されます。一方、対応しているサイトはURLの最初が「https://」となり鍵マークが付いているで、安全かどうかが一目でわかるようになっています。

SSL化はサイトの評価に関わるで、これからブログを始めるなら最初にSSL化をしておくほうがいいでしょう。

ここではレンタルサーバーをJETBOYで契約している人のために、サイトをSSL化する方法を紹介していきます。なお、JETBOYではSSL化は無料で行えます。

スポンサーリンク

サイトをSSL化する

まず、JETBOYのサーバーパネルにログインし、「Cpanelログイン」を選択します。

続いて、セキュリティの項目にある「Lets Encrypt SSL」を選択。

続いて、「Issue a new certificate」からSSL化したいドメインの右側にある「+Issue」を選択。

続いて、左下の「Issue」を選択。

最後に、以下のような表示が出ればOKです。

ただ、これだけではSSL化できていないので、次にプラグインをインストールする必要があります。

プラグインでSSL化

JETBOYのガイドでは、「WPをご利用の方は下記プラグインをインストールすれば、WPデータベース内すべてのURLがSSL化されます<」と説明書きがあります。

ちょっと紛らわしいですが、確認したところ上記の設定を行ったうえでプラグインのインストールが必要とのことです。上記の設定・プラグインの導入どちらか一方だけではSSL化されないということですね。

プラグインは管理画面の「プラグイン」→「新規追加」から右側の検索窓に「Really Simple SSL」と入力し、表示されたプラグインをインストールして有効化します。(画像は有効化済)

有効化すると以下の画面になるので、「はい、SSLを有効化します」をクリック。

一度ログアウトしてしまいますが、再度ログインすると進行状態が表示されます。

このまま放置でも大丈夫のようですが、気になるならそれぞれ「非表示」もしくは×をクリックしておきましょう。プレミアムと書かれているところは有料版でないとできないようなので、無料版では進行状態が100%になることはありません。

まとめ

手順自体は難しくないのですが、実際に中身がどうなっているのかまでは素人の僕にはよく分からないのが正直なところです。

インストールから一通りの設定までは面倒ではありますが、収益化を目指すには避けては通れない道でもあるので頑張りましょう!

ブログ運営
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント