【投資信託】基準価額の高い安いは気にしなくていい

株式投資

これから投資を通じて資産形成を目指している方には、つみたてNISAやiDeCoといった制度を利用することをお勧めしていますが、それらは基本的に投資信託で運用することになります。

投資をしたことがなければ、投資信託とは何ぞや?と思いますよね。なんとなく仕組みが分かっても、何千種類とある投資信託から何を基準にしてどれを選べばいいのか…訳が分からないよ。

ここでは投資信託の細かいところまでは触れませんが、最初に目が行くであろう「基準価額」について簡単に解説していこうと思います。

スポンサーリンク

基準価額とは

基準価額とは、投資信託の「値段」です。投資信託では1万口あたりの基準価額が表示されていることがほとんどですが、まぁ細かいことは気にしなくても大丈夫。

基準価額は「純資産総額」を総口数で割ることで求められます。純資産総額とは、ざっくり言うとその投資信託の持っている資金のこと。投資家が出資したお金や、運用での損益、運用にかかる費用などを全てひっくるめた総額です。

株式投資では安いときに買って高いときに売ると儲かる…といったことを聞いたことがあるかもしれませんが、じゃあ基準価額が高い投資信託ってあんまり手を出さないほうがいいの?って思うことありませんか?

実は、基準価額が高い安いというのは、それほど気にしなくてもいいのです。

基準価額は気にしなくてもいい理由

投資信託の基準価額は、運用開始時に1万口あたり1万円からスタートすることが多いそうです。ぶっちゃけ、そんな詳しくは知らないのでそういうもんだと思ってください。

新たな出資者がいない前提で運用開始から1ヶ月後、その投資信託の運用成績が+10%になった場合、基準価額は11,000円となります。単純にこの時点で解約すれば10%の儲けですね。その後、数ヶ月・数年と運用を続けていった場合でも、運用成績によって基準価額が変動するだけです。

では、全く同じ運用をする投資信託Aと投資信託Bがあるとして、投資信託Aは2020年1月から、投資信託Bは2021年1月から運用を開始したとしましょう。どちらも運用開始時点の基準価額は1万円、運用方法は同じなので、2021年1月からのリターンも同じということになります。

仮に2020年は相場が良く、投資信託Aは1年で+100%のリターンが出たとします。その場合、2021年1月の基準価額は2万円となります。対して、投資信託Bは今から運用開始なので基準価額は1万円です。

この時点で両者の基準価額には1万円の差がついていますが、果たして投資信託Aのほうが割高なのか?

いいえ、違います。両者の運用結果は同じになるので、2021年1月時点にどちらの投資信託を購入しても、そこからのリターンは全く同じです。そこに基準価額は関係ありません。

数値を簡素にするため、基準価額を1口あたりの値段としておくと、10万円を投資した場合、投資信託Aは5口・投資信託Bは10口購入することができますね。そこから半年後、+10%のリターンが出たとします。

すると、投資信託Aの基準価額は22,000円、投資信託Bの基準価額は11,000円。投資信託Aは1口あたり2,000円、投資信託Bは1,000円のプラスとなっているので、保有口数をかけるとそれぞれ1万円のプラスになります。はい、どちらも同じリターンですね。

このように、基準価額はあくまでも現時点での値段でしかなく、高い安いを気にする必要はありません。

投資する対象が同じような商品なら、その後のリターンは基準価額に関係なくほぼ同じになるからです。ただし、気にしなくても良いのは今後もリターンを望めるような運用をしている投資信託に限ります。良い運用結果が望めない投資信託なら、基準価額うんぬん以前の問題ですから。

ひとつ注意をしておきたいのは、純資産総額が少ない場合は思うような運用ができない可能性が上がり、結果として同じ投資対象でもリターンが大きく乖離する可能性があることですね。とは言え、色んなところでお勧めされるeMAXIS Slimシリーズや、SBI・Vシリーズなどの純資産総額は十分なので、気にする必要はないレベルです。

まとめ

個別株では企業の業績に対して株価が割安・割高という考え方がされますが、投資信託の基準価額はそれとは少し考え方が違うので、安い方がいいとは限りません。

このブログでお勧めしている米国株(もしくは全世界株)へのインデックス投資を行う投資信託なら、こういったややこしいことも気にせず淡々と積立投資をするだけで大丈夫です。自分が何をしているのかを理解しておくために勉強することは重要ですが、難しく考えすぎないこともまた重要。

米国株が史上最高値を更新するなか投資を始めるのはタイミング的にどうなの?と思うかもしれませんが、20年・30年後の株価に比べれば現在の株価は割安である可能性が高いので、やはり難しく考えすぎずに投資を始めてみてはいかがでしょうか。

お勧めの投資信託を紹介しています。

【投資信託】つみたてNISA・iDeCoにお勧めの商品はコレだ!
投資をしたことがない人にとって、投資信託はあまり良い印象がないかもしれません。しかし、実際には少額から幅広い分散投資ができ、資産形成を目指すなら万人向けのお勧めの金融商品なんです。ただ、その商品数はあまりにも多く、中には資産形成に...

米国株投資にタイミングは関係なし!

米国株の長期インデックス投資なら買うタイミングは関係なし!
株は安いときに買って高いときに売りたい。そう考えると、いつが安いのか高いのかを見極める必要がありますが、投資初心者にとってそれを見極めるのは難しいでしょう。むしろ、どれだけ経験があっても正確なタイミングを見極めるのは難しいものです...
株式投資コラムお金の話
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント