【JETBOY】WordPressの始め方

ブログ運営

このブログは JETBOY のレンタルサーバーを利用していますが、JETBOY は月額料金も安く、サイト評価にも影響する SSL化も無料で行えます。

ここでは JETBOY での WordPress の始め方と、無料で SSL 化する方法を紹介。ついでに、やっておきたい初期設定も紹介していきます。

スポンサーリンク

JETBOYでのWordpressの始め方

まず最初に行うのは、取得したドメインの設定です。まだドメインなんてないよ~という方は、先にドメインを取得しましょう。

どこで取得してもいいですが、僕は「ムームードメイン」を利用しています。なお、ドメイン名は途中で変更はできないので、しっかり考えてつけましょう。

※お名前ドットコムでの取得はおすすめできません。

ドメインの設定

JETBOYの管理画面から、「ご契約サーバー」もしくは「サーバー管理」を選択します。

続いて、「サーバーパネルログイン」を選択。

続いて、ドメインの項目から「ドメイン設定」を選択。

ここでは「新規ドメイン作成」を選択します。

続いて、「新しいドメイン名」にドメイン(このブログならmtdl.work)を入力し、ドメインの追加をクリック。

「ドメインを新しく追加しました」と表示されればドメインの設定は完了。続いてWPのインストールをしていきます。

WordPressのインストール

まずは、サーバーパネルログイン後の画面から「WordPress自動インストール」を選択。

続いて、「WordPress新規インストール」を選択。

続いて、「WordPress自動インストールはこちら」をクリック。

ここで「インストール」のタブから「詳細設定を表示(①)」をクリックし、インストールドメインのプルダウンから対象のドメイン(②)を選択します。(本来は英語で表記されていますが、画像は日本語翻訳をしたものです)

なぜかドメインの右側に「wordpress」と記入されていますが、このままだとドメインの後ろにwordpressと入ってしまうので、ここは消しておきましょう。詳細設定を開かずにインストールすれば付かないようですが、そうすると次の管理者名などが設定できないという謎仕様…

その下には管理者ユーザー・管理者のパスワード・メールアドレス・ブログ名・ブログの説明を記入し、インストールをクリックすれば完了。ブログ名や説明は後から変更できますが、管理者ユーザーやパスワードは変更できず、管理画面にログインするのに必要なので忘れないように。

インストールが完了すると、以下の画像が表示されます。

「このサイトには~」のリンクからブログへ繋がるので、どこかにある「ログイン(Log in)」をクリックすると管理画面に行けます。下の画面は時期によって違うことがあるので、ログインと書かれているところを探してください。

ログイン画面では、先ほどのユーザー名とパスワードを入力。Remember Meをチェックしておくと、ログインしたままの状態を保持できます。ユーザー名とパスワードを自動生成した場合はちゃんとメモしておかないと、ここでログインすることができずに撃沈する可能性もあるのでご注意を。

ログイン情報を入力すると再びブログに戻りますが、下画像の赤枠部分をクリックすると管理画面へ移行します。

もしくは、サーバーパネルのWP自動インストールを選択すると、インストールしたドメインが追加されているので、該当するドメインのログインからでも管理画面に移行できます。

これでインストールは完了ですが、続いてはネームサーバの設定を変更する必要があります。

ネームサーバを変更する

ドメインを取得したサイトで、該当ドメインのネームサーバを変更します。ここではムームードメインでの設定方法を紹介します。

ムームードメインの管理ページへログイン後、対象のドメインを選択して「ネームサーバ設定変更」を選択。

続いて、「GMOペパポ以外のネームサーバを使用する」にチェックをして、ネームサーバ1に「dns1.jbsrv.jp」、ネームサーバ2に「dns2.jbsrv.jp」と入力します。

下にスクロールしてネームサーバ設定変更をクリックし、基本的な設定は完了です。

インストール後にしておく設定

WPをインストールし、管理画面へログインできるようになったときにやっておきたいことがあります。

一つは日本語表示にすること、もう一つはパーマリンクの設定をしておくことです。

日本語の表示設定

管理画面にログインすると、左側にメニューが並んでいます。

管理画面の(PC画面では)左側にメニューがずらりとありますが、その中から「Settings」→「General」を選択します。

ここでブログ名なども変更できますが、日本語の設定は、真ん中あたりにある「Site Language」から日本語を選択し、「Timezone」をTokyoに合わせて、Save Changesをクリックします。

ちなみに、サイトの言語で日本語を探すのが意外と面倒です。

僕の場合、真ん中よりやや下あたりに日本語がありました。なぜか一度目は韓国語に設定され、もう一度日本語で設定するとちゃんと日本語になりました。

ただ、いくら日本語を選択しても英語のままになるときもあり、その対処法が調べてもわからないのでお手上げ…サーバーの管理会社に問い合わせてみると、何か分かるかもしれません。

タイムゾーンのTokyoはアジア群のアルファベット順で当たりを付けてください。

パーマリンクの設定

パーマリンクとは、ウェブサイトの各ページに付けれらるURLの末尾部分のことで、「記事ごとの住所」と考えてください。

これによってそれぞれの記事が認識されるため、同じ記事でもパーマリンクを変更すれば違う記事とみなされます

例えば、この記事は「https://独自ドメイン/domain-install/」というURLで、赤字部分がパーマリンクです。パーマリンクを変更すると、内容は同じでも別物として扱われるようになります。

僕の場合、管理画面左の「設定」→「パーマリンク設定」の画面で「投稿名」を選択し、記事ごとに自分でパーマリンクを設定しています。

他を選べば自動的にパーマリンクが設定されるので、面倒なら違うのを選んでもいいかもしれません。ただ、その場合はパーマリンクだけだと何の記事か自分でもわからないことがあり、アクセス解析には不向きです。

最初はよく分かりませんでしたが、パーマリンクは非常に重要です。とくに、サイトが大きくなった後でパーマリンクを変更すると、せっかく検索結果で上位表示されていても、新しい記事と認識されるため上位表示されなくなります

そうなるとアクセスが一気に落ち込みますので、気分も一緒に落ち込んでしまいます。※経験済み

記事の内容がしっかりしていれば、いずれ順位は上がって上位表示されるようにはなりますが、不用意に変更するのは避けたほうが良いのは間違いありません。

変更するときは301リダイレクトという方法を使うようにしましょう。

まとめ

ここまで設定が完了しても、使いやすくするにはもう少し色々やっておくほうがいいことがあります。

WPでは「テーマ」と呼ばれるサイト全体の構成や骨組みを形作る、いわゆるテンプレートのようなものがあります。このブログは現在「Cocoon(コクーン)」を使用中。

テーマひとつとってもどれを使用するか悩みますが、まずは使い方に慣れることが必要なので、色々といじってみるのがいいでしょう。

何かわからないことが出てくれば、大抵のことは調べれば解決できるので、めげずに頑張りましょう!

サイトはSSL化することが必須です。

JETBOYでサイトをSSL化する方法
SSLとは、通信を暗号化することで、セキュリティを強化するものです。SSLに対応していないサイトはURLの最初が「http://」で始まり、「保護されていない通信」と表示されます。一方、対応しているサイトはURLの最初が「https://...
ブログ運営
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント