賃貸の火災保険は高い!自分で加入して保険料を抑えよう

お金の話

賃貸の契約をするときにかかる初期費用って高いですよね。

物件を紹介してくれる労力に対して支払う仲介手数料は納得できますが、なかには支払う意味が分からない費用もあります。そんな賃貸の初期費用にはほとんどの場合、火災保険が含まれています。

火災保険の詳細までは分からなくても、火災が起きたときのために加入はしといたほうがいい…というのはなんとなく感じますね。

しかし、火災保険の相場はいくらなのか、その相場はそもそも妥当なのか?ということに関しては、ほとんどの方が分からないのではないでしょうか。

最初に言っておきますが、賃貸の火災保険は不動産会社が指定するものでなくてもかまいません

むしろ、不動産会社が指定する火災保険は高確率で無駄が多いものなので、自分で加入するようにすれば、初期費用を抑えることができます。

ここでは自分で火災保険に加入するために必要な知識や、おすすめの火災保険について解説していきます。

スポンサーリンク

賃貸の火災保険の相場は?

一般的な1Rくらいの部屋であれば、火災保険の相場は2年で15,000~20,000円ほどになることが多いと思います。だからといって契約書を見て「あぁ、相場と同じくらいか」と安心しないでください。

不動産会社が指定する火災保険は、往々にして相場自体が割高です。なぜなら、必要最低限ではない無駄な保証がたくさん付いているから

この記事には「みんなの部屋保険G3」という保険について調べている方が訪れることが多いので、その保険を例にとって見ていきましょう。

実際に、僕が以前住んでいたところで指定されていたのも、みんなの部屋保険(当時はG2)でしたからね。不動産会社も使いやすいんでしょうか。

みんなの部屋保険G3

みんなの部屋保険G3は、SBIグループが提供する火災保険です。大手グループなので、詐欺まがいの商品というわけではありません。

どういった保険かと分かりやすく言うと、かなり手厚い保証がある保険です。そのおかげで保険料は高いのですが、内容を考えると高くはないのかもしれません。問題は、契約をするあなたにとって、それだけの保証が必要なのかどうかです。

例えば、保険金支払の事例として、パンフレットにはこのように掲載されています。

  • 熱割れによりガラスが割れた…30,000円
  • ドアのシリンダーに異物を詰められた…20,000円
  • 水道管が凍結により破損した…80,000円

などなど。一見、かゆい所に手が届く素晴らしい保険のように思えますね。けど、ホンマにそんな保障が必要なん?って話ですよ。

ほかにも、以下のような保険金が用意されています。

  • 失火見舞費用保険金
  • 残存物取片付費用保険金
  • 修理費用保険金
  • 損害防止費用保険金
  • 被災転居費用保険金
  • 盗難転居費用保険金
  • 臨時宿泊費用保険金
  • 再発防止費用保険金

何がなにか分かりませんよね。

ぶっちゃけ、いずれも火災保険の内容として必須ではありません。保険会社はこういった意味不明なものを盛り込み、パンフレットには難しい言葉を並べ、契約者の思考を停止させようと目論んでいます。

もちろん、こういった保障まであれば安心だわ(ハート)と思うなら、何も問題のない保険だと言えるでしょう。でも、初期費用を抑えたいと思う方は、そこまでお金に余裕があるわけではないと思うのです。

であれば、必須ではない保障のためにお金を払うのはもったいないですよね。まぁお金に余裕があっても払いたくはないですけど。

つまり、みんなの部屋保険G3自体は悪い保険というわけではないけど、契約者であるあなたのニーズとは合っていない可能性が高い保険ということす。

火災保険を安く抑えるには、契約者にとって何が必要かを知っておきましょう。そうすれば、不動産会社に言われるがまま加入するよりも、大幅に保険料は安くなります。

火災保険とは?

そもそも火災保険とはどういった保険かご存知でしょうか?

当然、火災が起きたときに保険金が貰える保険ということになりますが、火災保険には保険の対象が「建物」と「家財」に分けられます。あなたが契約する火災保険では、どちらを対象とした保険になると思いますか?

実は、賃貸物件で契約するときの火災保険は、建物ではなく家財を対象とした火災保険に加入することになります。建物を対象とした保険に加入するのは持ち主(オーナー)であり、賃貸人が加入することはありません。

そして、家財とはあなたが所有している家具や家電・生活用品などのことです。

つまり、賃貸で加入する火災保険では、火災が起きたときに「あなたの財産に対して保険金を支払います」というのが基本的な契約となります。家財が対象なので、家財保険とも呼ばれますね。

正直、僕は調べるまで知りませんでした。てっきり部屋の修繕費用的なものを補償してくれるもんやと…

家財保険は重要ではない

みんなの部屋保険G3では、家財簡易評価表として以下のように載っています。

独身の25歳前後であれば、所有している家財は総額350万円ほどなので、家財保険の補償金額もそれくらいにしましょうね!ということです。…ツッコんでいいすか?

どこぞの上級国民が対象ですか?!と。

あなたの部屋にある家財の総額をざっと計算して、果たして上の表にあるような金額となるでしょうか?あたしゃせいぜい20万円くらいだよ。バカヤローコノヤロー!!

僕はミニマリスト的な暮らしをしているので少ないほうかと思いますが、ほとんどの人がそこまで多額の家財を所有しているわけではないでしょう。

つまり、火災によって家財が全壊したとしても、ほとんどの人は金銭的な損害はそこまで深刻にはならないということです。もちろん、自分の持っている家財によっては多額の補償があるほうが安心ということもあるでしょうから、家財に対する最適な補償額は各々で違います。

ところが、不動産会社で契約するときにはそんなこと一切考慮されません。おかしな話ですよ。8畳の1Rでいいのに、勝手に1DKの部屋を契約させられるようなもんです。

僕のように持っているものが少なく、最悪すべて買い替えてもいいわと考えている人にとっては、家財保険なんてそもそも必要ですらないと言えるのです。

だって、火災が起こる可能性なんて高くないし、そのためにお金を払って備えるなんて不合理ですからね。

しかし、火災保険に加入する目的は家財保険とは別のところにあり、結局は加入する必要性は高いです。実は、火災保険に加入する最大の目的は、借家人賠償責任保険へ加入するためです。

火災保険に加入する目的

火災保険に加入する目的は、借家人賠償(しゃっかにんばいしょう)責任保険へ加入するためです。

この保険はなぜか単独で契約することができないので、家財保険の特約として加入するしかないんですね。闇の深い業界ですわ。

借家人賠償責任保険とは?

借家人賠償責任保険とは、火災によって契約している部屋が損傷したとき、それを修繕するための費用を補償してくれる保険です。まさに火災保険のイメージそのものではないでしょうか。

賃貸契約をしたことがある方はご存知だと思いますが、賃貸では原状回復(退去するときに入居時と同じ状態に戻さなければならない)という決まりがあります。何事もなく退去するときは、敷金から修繕費用を差し引いて原状回復に充てられることが多いですね。

この原状回復は、火災によって部屋がボロボロになったときでも義務が発生します。その費用をオーナーから請求されることになるので、部屋全体を直すとなると敷金ではとても足りません。

何百万、部屋によっては何千万単位の損害賠償請求になる可能性があります。その費用を補償してくれるのが借家人賠償責任保険なので、火災保険には加入しておく必要があるんですね。

部屋の修繕は、家財と違って自分のお金で賄えるレベルではなくなります。ただ、極端なことを言えば、部屋を修繕できるお金を持っているのであれば、火災保険には加入しなくてもいいわけです。

まぁそんな人は少数だと思いますが…だからこそ、火災保険は加入する必要性が高いんですね。なお、仮に自分の部屋が火災の原因となり他の部屋が損傷した場合、よほど自身に過失がない限りは賠償責任は発生しないようです

逆に言うと、もらい火災でもその人に責任を追及することはできないので、原状回復のための費用は自分で対応しておく=借家人賠償責任保険が重要ということですね。

火災保険を安くするために必要なこと

ここまでのことが理解できれば、火災保険を安く抑えるためにはどうすればいいか分かります。

それは、自分にとって不要な補償をはずし、家財保険と借家人賠償責任保険を必要な金額だけで契約することです。

家財保険は適当でもいいですが、借家人賠償責任保険だけはしっかりと必要な金額を確認しておきましょう。

不動産会社に聞いて教えてくれるかは分かりませんが、一般的な築古の1Rなら1,000万円くらいで足りるかと思います。ただ、僕は不動産鑑定についてはド素人なので、鵜呑みにはしないでください。

なお、僕の実例で初期費用の火災保険が2年で15,000円だったところ、自分で契約したことで年間1,500円だけで済みました。2年でも3,000円、実に1/5にまで削減成功です。

賃貸におすすめの火災保険

僕はすべての火災保険を把握しているわけではありませんが、賃貸におすすめの火災保険は全労災(こくみん共済coop)か都道府民共済です。

どちらもインターネットで条件を細かく設定して見積もりができるため、分かりやすいのがいいですね。他はネットで見積もりができなかったり、無駄な補償が勝手に付帯されるケースが多いです。

では、実際に僕が契約したときの流れを画像を添えてお伝えします。

住まいる共済

僕は全労災(こくみん共済coop)の「住まいる共済」で契約しました。

まずは画面右側の「お見積り」をクリック。

次に試算方法が表示されますがどちらでもいいです。とりあえず「クイック試算」で進めましょう。

続いては、建物の情報を選択していきます。

続いて、延床面積や入居者の属性を選択し、試算するをクリック。 延床面積の数字は適当でも大丈夫です。

次の画面で見積もり金額が表示されます。ここから自分に必要なものだけに絞っていくので、右側の「おすすめプランから変更」を選択します。

基本保証の内容は火災・落雷などのとき(火災共済)となり、記載されてる被害にあった場合、自分の持っている家財に対して保険金が支払われます。ここは部屋の修繕費用ではないのでお間違えのないように。

住まいる共済では家財が最低300万円からということがネックですが、この部分で保険料はそれほど高くならないので良しとしましょう。

風水害などのとき・地震などのときまで保障の対象にする場合、自然災害共済・風水害保障タイプで金額を設定します。これを付けると保障は手厚くなるぶん、保険料は高くなります。地域によっては必要性が高いかもしれませんので、各々で判断してください。

僕の住む地域は風水害・地震で大きな影響を受ける可能性は低いので、どちらも不要と判断しています。それぞれの条件を変えることで、保険料がいくら変わるのかもすぐに見ることができます。

続いて、特約の選択です。

賃貸の火災保険でもっとも重要なのは借家人賠償責任保険ですから、ここでは「借家人賠償責任特約」という費目に必要な補償額を設定します。

このとき僕が契約した部屋は、家賃が32,000円の築古で狭い部屋だったので、500万円でも十分です。それ以外は必要かどうか自分で判断しましょう。

なお、「個人賠償責任共済(個人賠償責任保険)」については後述しますが、他で加入していないようであれば加入しておくことをおすすめします。

初期設定では11,600円となっていましたが、最低限の保障で最終的な見積金額が年間1,500円となりました。不動産会社の火災保険は、初期設定で無理やり契約させられるようなものです。

これで問題なければ申込書を作るをクリックして申込をしていきましょう。

個人賠償責任保険について

個人賠償責任保険とは、日常生活で起こりうる他人への損害を補償してくれる保険です。

日常生活で他人に対して怪我をさせたり、人の物を壊したり、マンションで水漏れして下の階に被害を及ぼした場合などに適用されます。

この保険が適用された実例として、以下のようなことがあったそうです。

  • 自転車で後方から追突し、頚椎捻挫などの怪我を負わせ約108万円の支払い
  • マンションで洗濯する際に水漏れし、階下3件分に損害を与えて約236万円の支払い

自転車による死亡事故などでは、数千万単位の賠償責任が発生することもあります。

この保険の補償額は1億円で設定されることが多いですが、保険料は月額150~200円ほど。万が一に備えてぜひ加入しておきましょう。

その後、個人賠償責任保険が単独で安く加入できることが判明しました。住まいる共済で加入するより若干安いです。

【個人賠償責任保険】単体加入のおすすめはLINEほけん「かぞく全員安心保険」と楽天銀行「個人賠償責任プラン」
個人賠償責任保険という保険をご存知でしょうか?この保険は日常に起こりうる様々なリスクに対して備えられる保険で、月額保険料は150円前後と非常に安く加入できます。ただ、多くの場合で自動車保険や火災保険、傷害保険の特約として取...

賃貸の火災保険まとめ

今回の記事をまとめます。

  • 賃貸契約の火災保険の相場は2年で15,000~20,000円
  • ただし、相場そのものが割高
  • 火災保険は自分で選べる
  • 重要なのは借家人賠償責任保険

これらを知っているだけで、賃貸契約時の初期費用はグッと抑えられます。また、自分で調べるクセが付けば、火災保険に限らず、さまざまな場面で無駄な支払いを避けることができるでしょう。

不動産会社によっては契約時に火災保険への加入が必須と言うところもありますが、法的にそのような決まりはありません。相手が引き下がらずやりとりが面倒なら、ひとまず契約して入居したらすぐに解約しましょう。すぐに解約すれば、保険料は解約返戻金として戻ってきます。(経験済み)

それにしてもねぇ、家財保険について検索すると上位に出てくるのはほとんどが無駄に高い家財の評価をしているものばかり。本気で一般庶民がそんな金額になる家財を所有していると思っているのでしょうか…インターネットは便利ですが、同時にクソやなと感じる際たる例がこういった保険に絡む内容ですね。

火災保険に限らず保険は複雑で一見難しそうですが、お金を払ってでも備える必要があるのかを基準にすると、そう難しいものではないですよ。

【保険の見直し】必要な保険は自分で考える
保険は人生で2番目に高い買い物と言われるくらい、生涯で考えると高額なお金を支払うものです。しかし、日本では不思議なことにそんな高額な買い物を保険の営業マン、言うなれば赤の他人に任せているという人も少なくありません。多くの方...
お金の話保険
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント