【SBI証券】米国株の買い方を画像付きで解説

株式投資

ここではSBI証券で米国株の個別株・ETFを買う方法を解説していきます。

その前に、米国株を買うなら住信SBIネット銀行でドルに替えておくとお得なので、まだドルを用意していないのであれば、こちらを参考にドル転しておいてください。

住信SBIネット銀行でドルを買う方法を画像付きで解説
米国の個別株やETFは基本的にドルで購入することになりますが、SBI証券と住信SBIネット銀行(以下、住信)を利用すると、為替手数料が安くなるのでお勧めです。ここでは住信でドルを買う方法について、画像付きで解説していきます。...

SBI証券でのつみたてNISAの買い方を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【SBI証券】つみたてNISAの買い方を画像付きで解説
つみたてNISAは投資初心者にもお勧めの制度ですが、口座開設から積立の設定までを一人でこなすには少し難しいかもしれません。実際、すでに投資の経験がある僕でも友人の設定を手伝った際には、所々「??」となる箇所もありました。ここでは、...
スポンサーリンク

【SBI証券】米国株の買い方

まずはSBI証券へログインし、右側「外国株式」の「取引」をクリックします。

続いて銘柄を検索しますが、ここでは例として「コカ・コーラ」を検索して購入する手続きを進めていきます。

なお、米国株では証券コードの代わりに「ティッカー」と呼ばれるものがあり、社名・ティッカーどちらで検索しても大丈夫です(コカ・コーラはのティッカーはKO)。

続いて、検索結果から該当する銘柄を選択します。KOだと候補が多いですね。

普通にコカ・コーラで検索すれば良かった…と思ったら、コカ・コーラでは検索に引っ掛からず、コカ-コーラと検索しなければならないようでした。豆知識。

続いて銘柄の情報画面になるので、「買付」をクリックします。

ちなみに、この画面の左側には、配当利回りなどの情報が記載されています。このときのKOは年間配当が1.68ドルなので、株価(約55ドル)に対する配当利回りは約3%となります。銀行預金の金利は0.01%のご時世、この配当利回りは魅力的ですなぁ。

続いて、注文に必要な赤枠部分の情報を入力します。

日本株には単元制度があり、基本的に100株単位で買うことが多いですが、米国株は1株から購入できます。しかも、以前まであった最低手数料が撤廃され、1株から買っても手数料負けしなくなったので、気軽に投資がしやすい環境になってきましたね。なんだ、神かよ。

この画面の買い方について少し補足しておきます。

指値・成行

価格欄にある「指値」とは、いくらで買いたいと指定する方法で、「成行」はいくらでもいいからすぐに取引がしたいときに使う方法です。

成行の場合、取引量が少なすぎると現時点の株価とかけ離れた価格で取引が成立する可能性もあるので、取引量が少ない銘柄は注意しましょう。

例えば、A社の株価が50ドルとします。それを売りたい人が1人しかおらず、100ドルの指値で売り注文を出していたとします。そこで自分が成行の買い注文を出すと、50ドルの株を100ドルで買うことになってしまいます。

まぁほとんどの場合そんな極端なことはなく、その時点の株価に近い価格で取引は成立するので問題はないとは思いますが…

預かり区分

預かり区分は「取引をする口座」を選択する項目です。一般口座で開設する人はほとんどいないと思うので、基本は特定口座になるでしょう。

ここにある「NISA預かり」とは、つみたてNISAではなく「一般NISA」を指します。まぁこのブログでは一般NISAについては言及していないので、ここはスルーします。堪忍やで。

決済方法

決済方法の「外貨決済」では、SBI証券の口座にあるドルを使って取引をします。

SBI証券では、住信SBIネット銀行で為替手数料を安く抑え、そのドルをSBI証券の口座に移すことで、他社よりお得に取引ができるのがメリットです。

円貨決済は日本円のまま取引ができますが、為替手数料が他社と同じ1ドルあたり25銭となるので利用するメリットはありません。

内容の同意

購入したい株数・価格・期間・預かり区分・決済方法を記入すれば、「外国株式取引に関する説明書」の内容を理解し同意するにチェックを入れます。

最後に取引パスワードを入力し、注文確認画面へをクリックしましょう。

注文を確定する

続いて、注文確認画面が出てくるので、内容に間違いがなければ下部の「注文発注」をクリックして取引は完了である。

なお、この画面では「見積価格」と「概算受取金額」は多めの金額で表示されますが、気にしなくても大丈夫です。ここには手数料も表示されますが、SBI証券は特定のETFの購入手数料が無料になり、そこにはインデックス投資の最適解と言われるVTI・VOO・IVV・SPYが含まれているので、なんと言うかもう…神かよ。

スマホ版サイトでは米国株の購入ができない

現在、SBI証券のスマホ版サイトから、米国株(海外株)の購入はできません

いずれ対応するかもしれませんが、未だに動きがないことを考えると、もしかすると対応するつもりはないのかもし。ただ、スマホでもPC版サイトへ切り替えれば、同じように購入することが可能です。

スマホでは文字が小さくて見にくいですが、慣れれば問題ないでしょう。それよりも、PC版で開くことで通信量がどれだけ消費されるのかが怖いですね。多分そんなに心配する必要はないと思いますが、使い過ぎには注意やで。

まとめ

難しい作業はないので、一度でも購入すると次回からは簡単に注文できるかと思います。

また、一度購入した銘柄なら、外国株式トップ画面の「口座管理」→「保有証券・資産」と進めば保有銘柄の一覧が確認できるので、そこから取引をすることも可能です。

ここでは例として個別株の取引を進めましたが、僕は基本的に「ETF」や「投資信託」でインデックス投資をすることをお勧めしています。そのほうが、堅実な資産形成ができるからです。

ETFならSBI証券が為替手数料を抑えられるのでお得ですが、投資信託ならポイントが貯まる楽天証券が良いでしょう。一応SBI証券でもTポイントが貯まりますが、現状は楽天証券のほうが付与率が高いのでお勧めです。

こちらの記事では、つみたてNISAについて解説しています。

【投資初心者向け】つみたてNISAの解説
これから投資を始めるなら、つみたてNISAを利用することをお勧めします。つみたてNISAって複雑で分かりにくいと思われそうですが、実際はそんなことありません。複雑なのは口座開設と最初の設定くらいで、それが済めば後は基本的にやること...

こちらの記事では、つみたてNISAやiDeCoでお勧めの投資信託を紹介しています。

【投資信託】つみたてNISA・iDeCoにお勧めの商品はコレだ!
投資をしたことがない人にとって、投資信託はあまり良い印象がないかもしれません。しかし、実際には少額から幅広い分散投資ができ、資産形成を目指すなら万人向けのお勧めの金融商品なんです。ただ、その商品数はあまりにも多く、中には資産形成に...

こちらの記事では、ETFでの運用にお勧めの商品を紹介しています。

【投資初心者向け】長期投資にお勧めの米国株ETFを紹介
米国株投資のメリットは、投資の知識や経験がなくても「長期的に積立を続けるだけ」で資産形成ができる(可能性が高い)ことです。それには個別(企業の)株で運用するのではなく、ETFや投資信託と呼ばれるインデックス投資を実践するだけなので...
株式投資コラムお金の話
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント