【要注意】ゆうちょ銀行の手数料改定で思わぬ出費増!?

お金の話

既にご存知の方も多いかもしれませんが、ゆうちょ銀行が2022年1月17日からATMなどの各種手数料を改定すると発表しています。

その中でも多くの人に影響が出そうな変更点が、コンビニ等に設置してあるATMで手数料がかかることでしょう。

また、今後は小銭の入出金をするだけでも手数料が発生するようになります。

スポンサーリンク

ゆうちょATMの手数料

これまでゆうちょのATMは時間・場所を問わず無料で利用できることがメリットでしたが、改定後は郵便局・ゆうちょ銀行内に設置されているATM以外では、一部の時間帯で手数料が発生します。

利用時間帯手数料
【平日】8:45~18:00無料
【土曜日】9:00~14:00無料
【上記以外(休日含む)】110円

基本的には他の銀行と同じようになると考えておけば良さそうですが、手数料が必要なATMにはステッカーが貼られ、画面上にも料金が表示されるそうなので気付かずに利用するといったケースは少ないでしょう。

郵便局にあるATMでは引き続き無料で利用できるので、近くに郵便局がある方はあまり気にする必要はないかもしれません。

ローソン銀行・イーネットATMの手数料が値上げ

ローソンに設置されているローソン銀行ATMや、様々な施設に設置されているイーネットATMでも、手数料が値上げされることになります。

セブン銀行ATMについては、なぜか2023年4月に手数料を改定するようです。

【ローソン銀行ATM】

利用時間帯改定前改定後
【平日】8:45~18:00110円220円
【土曜日】9:00~14:00110円220円
【上記以外(休日含む)】220円330円

【イーネットATM】

利用時間帯改定前改定後
【平日】8:45~18:00無料220円
【土曜日】9:00~14:00無料220円
【上記以外(休日含む)】220円330円

僕は普段あまり利用しないので知らなかったのですが、ATMも置いてあるところによって種類が違うんですね。

イーネットATMなんて名称初めて聞きましたわ。ファミリーマートにはゆうちょのATMが設置されているから時間帯によっては改定後も無料で利用できるのね。

小銭の入出金にかかる手数料

新たに設定された手数料で、小銭の枚数・ATMか窓口かによって金額が変わってきます。

【ATMの手数料】

種類枚数手数料
預入1~25枚110円
預入26~50枚220円
預入51~100枚330円
払出1枚以上110円

【窓口の手数料】
※預入・払出共通

枚数手数料
1~50枚無料
51~100枚550円
101~500枚825円
501~1000枚1,100円
以降500枚ごと550円を加算

これに加えて、ATMでの操作は平日7:00~18:00までに限られます。平日夜間・土曜休日は取り扱いできないので注意しましょう。

てか、窓口で作業してもらうのに手数料を払うのはいいとして、その仕事に対する550円以上の対価は妥当なのか?と思いますね。

機械に小銭入れて金額チェックしてデータ打ち込むくらいじゃないの?

まとめ

他にも変更点はいくつかあるようですが、もっとも利用されるであろうATMの手数料はよく覚えておくほうがいいでしょう。まぁ利用時には手数料が表示されるそうなので大丈夫かと思いますけどね。

最近ではネット銀行を利用する方も増えていると思いますが、住信SBIネット銀行では入出金・振込手数料が月5回まで無料になるなど使い勝手が良いですし、まだ口座を持っていないなら開設しておくといいかと思います。

※月5回の無料には「スマート認証NEO」への登録が必要ですが、セキュリティ対策にもなるのでデメリットはありません。

お金の話その他
スポンサーリンク
をフォローする
金と共に生きぬ

コメント