【2021】新種牡馬の特徴を考察

血統

既に新馬戦が始まっていますが、今年も産駒がデビューする新種牡馬について特徴を考察していきたいと思います。昨年の考察がどれくらい的を射ていたかは、以下の記事をご覧ください。

【2020】新種牡馬の特徴を考察する
ディープインパクト・キングカメハメハの両巨頭がこの世を去り、サイアーランキングも戦国時代を迎えようとしています。今回は2020年に産駒がデビューする新種牡馬について、血統などから特徴を考察していきたいと思います。2020年...

僕はtargetを解約してしまったため各種牡馬の成績が分からないのですが、そこまで的外れではなかった…と思っています。思いたい。

スポンサーリンク

2021年の新種牡馬

2021年に産駒がデビューする主な新種牡馬はこちら。

  • キタサンブラック
  • コパノリッキー
  • ディーマジェスティ
  • サトノアラジン
  • シルバーステート
  • イスラボニータ
  • ドレフォン
  • アメリカンペイトリオット
  • ザファクター
  • ビッグアーサー
  • ロゴタイプ
  • ラニ

キタサンブラック

父ブラックタイド・母父サクラバクシンオーという主流とは言えない中から生まれた異端児。おそらく、あと何回同じ配合を掛け合わせても、これだけの名馬は生まれる可能性はほぼないでしょう。

異端の名馬で思い出すのは世紀末覇者ラオウ…じゃなくてテイエムオペラオーです。現役時代は年間無敗で古馬中長距離G1完全制覇という偉業を成し遂げた名馬ですが、その血統構成から種牡馬として大成するのは難しいと思われた通り、これといった活躍馬を出すことはありませんでした。

ぶっちゃけ、キタサンブラックも同じ道を辿る可能性が高いかと思います。ただ、オペラオーに比べると日本の芝向きのスピードは兼ね備えているはずなので、稀に大物が出る可能性はありそう。また、父ブラックタイドもそうであるように、ダートをこなせる可能性も高いでしょう。

ブラックタイドとディープインパクトは全兄弟ですが、ディープインパクトもある意味で異端児なので、全兄弟だからとディープっぽさをイメージしては美味しい馬券にありつけません。母系にダート血統が入っていれば、1400~1800mくらいのダート替わりで一発かます場面が見える。俺には見えるぞぉ!

クラシック戦線で活躍する産駒よりも、非根幹距離や短縮、ダート替わりなどで地味に馬券に絡んでくるタイプが多くなるのではないでしょうか。サッカーボーイのように、現役時代の戦績と産駒のタイプが全く異なるケースも多々あるため、もしかしたらサクラバクシンオーの血が騒いで1200mでも活躍馬を出す可能性も…?

キタサンブラックのポイント

  • 主流のレースでは瞬抜力不足になりそう
  • 非主流(非根幹距離や重馬場)が向きそう
  • ダートはこなせる可能性が高い
  • 父同様、短縮で一発に期待
  • もしかしたらスプリンターが出るかも?

コパノリッキー

父ゴールドアリュール・母父ティンバーカントリーでサンデー系の中でもダート適性の高いタイプ。母母父がトニービン・母母母父がリアルシャダイと、スタミナを秘めた血統構成ですね。

主戦場はやはりダートになりそうですが、1400m以下では米国血統に苦戦しそうなので、ベストパフォーマンスを発揮するなら1600m以上でしょう。JRAのダートG1はともに1600m以上なので、今後はコパノリッキー&他のゴールドアリュール系vsエーピーインディ系で熾烈な争いが繰り広げられるはず。

ただ、母父ティンバーカントリーはアドマイヤドンなど芝でも走る産駒を多数輩出しているあたり、他のゴールドアリュール系より芝適性の高い産駒が出る可能性も。トニービンとリアルシャダイもいるし。いずれにせよ、産駒の成長曲線はゆっくり目でしょうか。

ゴールドアリュール産駒のフーラブライド(母父メジロマックイーン)のように、母系が芝のスタミナ血統なら芝の中長距離でも活躍する馬が出てもおかしくないでしょう。

とりあえず、ダートの重賞(マイル以上)で迷ったらゴールドアリュール系は買っとけってことです。

コパノリッキーのポイント

  • 主戦場はダートの1600m以上
  • 1400m以下は人気でも危険?
  • 母系次第で芝中長距離もこなせそう
  • やや晩成傾向か
  • ダート重賞(マイル以上)は買い

ディーマジェスティ

父ディープインパクト・母父ブライアンズタイムでディープ産駒で初めて皐月賞を制したのがこの馬…だったはず。皐月賞を勝てたのは、母父ブライアンズタイム・母父サドラーズウェルズの影響が大きかったのではないでしょうか。

母系がかなり重厚な血統であり、ディープ系の中でも瞬発力より持続力・パワーに秀でた産駒が多くなりそう。つまり、父同様にクラシックなら皐月賞が最も向く舞台で、ダービーではパフォーマンスを落とす可能性が高い。あとは母系でどれだけ軽さを補えるか。

短距離適性は高くないと思いますが、ダート(マイル以上)はそれなりにこなしても不思議はないですね。軽い馬場よりも、力の要る馬場のほうが向くと思うので、馬場が荒れてきたときの中山・阪神などは注目。その場合、ステイゴールド系のほうが向きそうですが…

ディーマジェスティのポイント

  • 瞬発力より持続力勝負
  • 東京の軽い馬場は割引
  • 荒れ馬場で期待?

サトノアラジン

父ディープインパクト・母父ストームキャットで、ここだけ見ればキズナと同じ。しかし、サトノアラジンは母母父がファピアノということで、キズナ以上にスピード寄りの産駒が多く出そうなイメージです。

ベストは1600~2000mくらいで、母系次第では1200m・2400mが向くタイプも出そう。また、早い時期から活躍しそうですね。サトノアラジンは500㎏を超える馬体だったので、ダートで走れる産駒もそこそこ出るのでは。母系や育成次第ですが、もしかしたらクラシックでも活躍できる産駒が出てきてもおかしくはなさそうな気もします。重馬場では良さが削がれそう。

サトノアラジンのポイント

  • マイル前後がベスト
  • 母系次第でスプリント寄り・中距離寄りも出そう
  • ダートも走れる(はず)
  • クラシックでも活躍する(かも)
  • 重馬場はマイナス

シルバーステート

父ディープインパクト・母父シルヴァーホークで重賞に出走することなく引退した未完の大器。主戦の福永騎手が言うには、相当なポテンシャルを秘めた馬だったとのことです。改めてレースを見てみると、条件戦とはいえ能力が一枚も二枚も違うのは一目瞭然。無事ならどこまでのレベルだったのか…これを妄想するのも競馬の楽しみのひとつですね。

さて、種牡馬としてのシルバーステートの評価ですが、母父シルヴァーホーク・母母父ニニスキとゴリゴリの欧州スタミナ血統というのが正直不安です。自身はマイル戦でレコードを記録するほどでしたが、それが産駒に直接伝わるかどうかは別問題。血統的にはどう考えてもスタミナ寄りの産駒が多くなりそうです。

同じディープ系のディーマジェスティと血統構成は似ており、瞬発力よりも持続力で勝負するタイプでしょう。自身はスピードの違いで先行する形となっていたようですが、産駒は先行して粘りこむことで真価を発揮しそう。

そういったレースは2歳戦の早い時期にはあまりないため、産駒が活躍するのは2歳の秋以降に中距離戦が行われるようになってからでしょうか。早くから活躍するには、母系に仕上がりの早いスピード血統が必要でしょう。ダービーで勝ち負けするにも、やはり母系が重要になりそうです。

未完の大器というイメージや、周囲の評判からデビュー戦から人気を集めやすそうですが、馬券的には消すタイミングを考えることで美味しい思いができそうなタイプですね。

シルバーステートのポイント

  • 血統的には欧州スタミナ型
  • 瞬発力より持続力勝負
  • 2歳戦で走るには母系に米国血統が欲しい
  • 人気先行型が出やすいかも
  • ダートは合わなさそう
  • 重馬場は問題ないはず

イスラボニータ

父フジキセキ・母父コジーンと日本の芝で活躍できるスピード血統ですね。母母父もミスプロ系で、2歳戦の早い時期からコンスタントに活躍しそう。

イスラボニータは素直に現役時代まんまをイメージしたタイプが多くなりそうで、母系が米国血統ならダートでも問題なく走りそうです。母父コジーンなので、1200mも苦にしないでしょう。

フジキセキの特徴を継いでいれば、内枠得意な産駒が多くなる可能性も高い。東京1400~1800mの内枠で穴をあけることを予言しておきましょう。外れても責任は取らん。

イスラボニータのポイント

  • 2歳戦の早くから活躍できる
  • 1200~2000mと守備範囲も広い
  • 内枠・短縮得意
  • ダートもオッケー(特に母父米国型)
  • 東京1400~1800mの内枠!

ドレフォン

父Gio Ponti・母父Ghostzapperの米国血統。父はストームバード系・母父はヴァイスリージェント系ですね。ドレフォンは米国の1200~1400mのG1を逃げて快勝しているように、米国血統のお手本のような産駒が多数出るでしょう。

当然、ベストはダートの短距離ですが、2歳戦では芝でも走る産駒は出るはず。ただ、以前の朝日杯なら狙える可能性もありましたが、阪神マイルになった今ではさすがに主流血統には瞬発力で敵わないでしょう。ローカルの2歳ステークスや、京王杯2歳ステークスあたりなら十分通用する可能性はあります。

米国血統の特徴として、仕上がりの早さ・フレッシュな状態でパフォーマンスを上げる・気まぐれで前走の成績があてにならないなどがあります。とくに気まぐれの部分は馬券を買ううえで重要になり、前走好走した馬よりも大敗した馬のほうが妙味あり。

レースを見て内枠で砂を被った、先行できずにやる気をなくした…などの敗因が明確にあれば、前走の着順に関係なく狙ってみると面白いでしょう。もちろん、戦績から底の見えている馬は別ですよ。また、大抵の米国血統は短縮ローテが得意で、上級条件になるほどパフォーマンスは落ちるケースが多いです。

ドレフォンのポイント

  • 2歳戦から活躍(芝もOK)
  • ベストはダート短距離
  • 気まぐれなので前走着順はあてにしない
  • 短縮◎・延長×の可能性大
  • クラスが上がるほど苦戦しそう

アメリカンペイトリオット

父War Front・母父Tiznow、父はダンチヒ系・母父はマッチェム系となります。米国血統ではありますが、ゴリゴリのダート血統というわけではなさそうで、自身も芝のレースにしか出走していないそうです。ぶっちゃけ、アメリカンペイトリオットとか聞いたことねぇ…

War Frontは種牡馬として大きな成功を収めており、産駒は芝適性の高い馬が多いようですね。母父のTiznowも日本では1200m以下の適性が高く、産駒の活躍の場は芝短距離でほぼ決まりそう。正直、ダートをこなせるのかは分かりません。母系がダート適性高ければ…でしょうか。

ダンチヒ系の特徴で、好走と凡走を繰り返しやすいことがあります。言い換えると、フレッシュな状態で強く、反動が出やすい。ただ、単純に前走好走したから今回は消し…ではなく、前走が疲労の少ない勝ちっぷりなら安易に消さないなど臨機応変に対応したいですね。

果たして、スプリンターズSと高松宮記念で猛威を振るうのか!?乞うご期待です。

アメリカンペイトリオットのポイント

  • 2歳戦から活躍
  • 芝の短距離適性が高い
  • ダートは??
  • 短縮どんとこい
  • 好走凡走のリズムを見極めろ

ザファクター

父War Front・母父Miswaki、父はダンチヒ系・母父はミスプロ系です。母父のMiswakiは、産駒にマーベラスクラウン・母父としてサイレンススズカを輩出しており、日本の芝適性が高いミスプロ系です。

自身はダートとオールウェザーで活躍し、JRAでは既に5頭の産駒が輸入されています。そのうち勝ち上がったのは3頭で、サンノゼテソーロ・ライバーバード・ズアーはいずれも短距離を中心に走っています。ライバーバードはダートでも勝っていますが、どちらかと言うと芝向きのタイプが多くなりそう。

上記のアメリカンペイトリオット(名前長ぇ…)と似たような感じですが、こちらのほうが若干距離に融通が利くかも…というくらいで、正直よく分からん。スタミナのあるサンデー系の牝馬と配合したらどうなるのだろう。

ダンチヒ系なので安定感には期待できず、アメリカンペイトリオットとともに穴種牡馬として重宝されるような気はします。

ザファクターのポイント

  • 2歳戦から活躍
  • 芝の短距離がメイン
  • ダートは母系次第か
  • 短縮どんとこい
  • ダンチヒ系は穴を狙え

ビッグアーサー

父サクラバクシンオー・母父キングマンボ、そして母母父がサドラーズウェルズという、なぜこの母にバクシンオーを付けた?という血統構成ですね。ただ、それでもスプリントG1を勝つくらいなので、バクシンオーの影響力の強さがうかがえます。

バクシンオーの後継としてはショウナンカンプ・グランプリボスがいますが、前者はすでに他界、後者はマイルG1を制したようにバクシンオーでも少し異質なため、ビッグアーサーが正統な後継者となりそう。

とはいえ、母系が重厚であること、配合相手がスタミナ型サンデー系などになると、一本調子のスピード型という産駒ばかりではないかもしれません。母がスピード型なら、バクシンオー系らしいスプリンターで間違いないでしょう。おそらく、ダートはあんまりだと思います。

ビッグアーサーのポイント

  • 基本は芝短距離で2歳戦から走る
  • 母父がスタミナ型ならマイル~中距離も?
  • 短縮得意
  • ダートはイマイチ
  • 1枠+福永騎手ならどん詰まりに気を付けろ!

ロゴタイプ

父ローエングリン・母父サンデーサイレンスで、現役時代は中山の朝日杯・皐月賞や、安田記念で怪物モーリスを抑え込むなど大活躍。ローエングリンはサドラーズウェルズ系のシングスピール産駒ですが、それが日本のマイルG1を勝つから血統てのは奥が深い…まぁ基本的に好走するのは瞬発力勝負ではなく持続力を活かすケースですけどね。

2歳G1とクラシックを勝ち、6歳で安田記念を制覇したように、完成度は早く停滞した後もう一度成長したことは覚えておいたほうがいいかもしれません。母父サンデーですが、瞬発力よりも持続力勝負で持ち味が活きるでしょう。

同じサドラーの血を持つテイエムオペラオーは種牡馬として活躍できませんでしたが、ロゴタイプのほうが日本向きのスピードを持っているので、G1級を輩出しても不思議ではありません。勝ち鞍の候補は皐月賞、安田記念、もしかしたら有馬記念でも好走する可能性もあったりなかったり…

基本的には芝のマイル前後、とくに非根幹距離で狙うのが面白いのではないでしょうか。父ローエングリンの産駒は短縮が得意だったので、ロゴタイプ産駒も短縮が狙い目になる気はします。

ロゴタイプのポイント

  • 2歳戦からも、古馬になっても狙える
  • 非根幹距離の短縮ローテで激走に期待
  • 地味な血統なので人気にはなりづらそう
  • 結果、馬券妙味がある!
  • ダートは母父米国型でない限り狙わないほうが無難

ラニ

父Tapit・母父サンデーサイレンス、母が天皇賞(秋)を制したヘヴンリーロマンスとう血統。母は完全な芝血統ながら、その産駒はダート適性の高い馬ばかりという謎に満ちた馬ですね。

母母父がサドラーズウェルズ、近親にステイヤーズSを勝った馬がいることから、基本的にはスタミナに富んだ牝系であり、ラニも(ズブすぎて)中距離以上を中心に走っていました。

父がアメリカの名血Tapitということもあり、ダートの一流馬を輩出する可能性は十分にありますが、出来不出来が激しそうな予感もします。距離はやはり中距離以上がメインで、母系がゴリゴリの米国スピード血統でないと短距離はしんどいか?

産駒がズブくなるか分かりませんが、忙しい流れよりゆったり流れるほうが向くと距離延長ローテが得意になるかもしれません。

ラニのポイント

  • ダートのスタミナ血統
  • 一流とポンコツの差が激しい?
  • 延長ローテが得意かも

まとめ

正直、最近は競馬から少し離れているので(観てはいますが)種牡馬事情にもかなり疎くなっています。

今年の新種牡馬でクラシックを目指せそうなのはディーマジェスティ・サトノアラジン・シルバーステート・イスラボニータあたりでしょうけど、ダービーを狙えそうなのは…意外とサトノアラジンかも。

キタサンブラックは現役時代の活躍っぷりを種牡馬としても期待するのは難しそうで、コパノリッキーは堅実にダートの活躍馬を出しそうです。

ドレフォン・アメリカンペイトリオット・ザファクター・ビッグアーサー・ロゴタイプ・ラニは、活躍の場は限られそうですが馬券的には面白そう。

ぶっちゃけ、ここを見るより亀谷さんの動画で種牡馬の解説を見るほうが確実だと思うので、良い子は亀谷動画を見て馬券を買うようにしてください。

血統競馬ギャンブル
スポンサーリンク
hideをフォローする
金と共に生きぬ

コメント